青唐辛子に会いたくて会えなくて

Pocket

6月から7月ごろ、青唐辛子が近所のスーパーに並ぶ。どの季節でも売っているものだが、特にこの時期のものは切るだけで新鮮な唐辛子の香りがするので、狙いをつけているのだ。だいたい今頃から8月終わりくらいまでは生で食べるととてもおいしい(もちろん種とわたを取り除かないとえらい目にあう)。サラミや刺身に刻んだものを合わせるのが極上である。暑い季節は元気のないねぎに代わって、青唐辛子とみょうがは夏の薬味としてうどんにも欠かせない。種の残し方一つで辛さが決まるので、中華に添えるときは多めにしたり、和風の場合は控えめにと、一つの食材で味を自在に変えられるのも楽しい。

しかしどうも、今年は近所のスーパーに並ばない。いや、あるにはあるのだが、1年前に記憶した鮮烈な香りに出会えないのだ。300円くらいの大袋に入っているのはお得感があるが、前に買ったら単に辛いだけで香りがぜんぜん感じられなかったので控えている。いいのは千葉産。これが多めに入って100円くらいのが狙い目なのだが、今年はそれを見かけない。不作なのだろうかと検索してみても、ししとうを気にする人はいても青唐辛子を気にする人というのは稀なようで、どうも芳しい情報が入ってこない。

10年くらい前に千葉に遊びに行った時は、まだ青唐辛子の素晴らしさに気づいておらず、山間の道端で売っている青唐辛子をきれいではあるが誰が食べるのか首を傾げたものだが、それが10年後の自分だったとあの時教えてやりたい。

なお、瓶詰であれば青唐辛子を酢漬けでどの季節でもいただける。ユウキの酢漬けが一番入手しやすいかも。食べたことないけど、都内だとカルディで取り扱っているのを見たことがあります。

通販で見つけたノスリ工房。南国の青唐辛子、食べてみたいっ。

仕方ないのでししとうで我慢。洗ってよく水を切ったししとうをごま油とお好きならにんにくを入れて中火で炒める。ヘタをとると中の種がはじけてくるのでそのままで。味付けは早めに塩を入れると緑色がきれいにでます。じゃこや干しエビを入れてアレンジできますが、このままが一番おいしいはず。たまにある辛い当たりを求めて貪り続ける毎日です。

コメント

  1. Millet.K より:

    蒼唐辛子ですね。先週見たような気が。

    • uporeke より:

      ようやく都内でもみかけるようになりました。
      以前おうかがいした時の唐辛子の豊潤さが未だに忘れられません。
      うらやましいものです。