楊洲周延「東錦昼夜競」@太田記念美術館


太田記念美術館で開催されている楊洲周延「東錦昼夜競」。楊洲周延という浮世絵師をまったく知らずに行ったのですが、意外におもしろい。「東錦昼夜競」はいろいろな故事の名場面を描いたもの。安寿姫が折檻されて殺されるところとか、九尾の狐が露見するところなど、アクション感あふれる絵が満載です。子供の頃に小学館の昔話集で読んだ源綱の鬼の腕切りや金太郎など、妙に懐かしさを感じる話が切れ味鋭い筆致で描かれている。狸や猫が化けている人物を明確に描き、背景に正体をうっすらと墨で描き分けるところがおもしろい。絵の前提となる物語を知らない人への説明になっている。

一方で2階に上ると楊洲周延と同じ題材で月岡芳年が並べられている。並べて見ると、楊洲周延はきちんと見せることを徹底しているように思える。登場人物の全身像や顔をきちんと描き、歌舞伎の広告になりそうだ。一方、月岡芳年は主要人物が後ろ姿だったり、奇怪な色・姿だったりするが、それでも強く印象を残す。絵師自身も「月」という名前で画集のタイトルも「月百姿」とあるとおり、どの絵にも月が描かれ、夜または朝はやくが舞台となって物語の幻想性が強調されている。

浮世絵は美人画の冷静さよりも、妖怪やアクションを外連味たっぷりに描いたものの方がおもしろい、というのを改めて感じられた展覧会で、横浜で開催されている国芳展も行かねば。

コメント