写真を現像してみる

Pocket

写真にあんまり興味がなかったのは父の影響かもしれない。子供の頃はよく写真を撮られた。水色の軽乗用車の前でよたっとしている4歳の自分の姿は今でも覚えているが、写真自体はもうなくなってしまったかもしれない。やがて父はこっそり一眼レフを買い、自分の子供たちよりも、PTAで他人を撮影することが楽しくなったらしい。撮影されてもあまり嬉しくなかったから、反応がある人を撮った方がそれは楽しいだろう。小学校も半ばを過ぎると、もう撮影された覚えがないし、すでに反抗期に入っていたので楽しそうな顔はしていないだろう。

デジカメを買ったり、iPhoneを持つようになったりして、写真を撮るようにはなった。構図や光はいい加減だが、「数打てばなんとかなる」というポリシーで思いついたときは手当たり次第撮るようにしている。しかし、その画像はたまにパソコンで見返すくらい。それもどうかと思っていたところ、ほぼ日でFuji Filmの方の話を読んだ。プリントすることで残ることもある、というのを読み、部屋に飾ってもいいかなと思える写真を印刷することにした。

使ったのは「5円プリント」。iPhoneからちょいちょいと画像を選び、クレジットカード払いを登録すると、10枚焼いて150円、さらにメール便で送ってもらえて90円で合計240円。安い。画質を選べるところも素敵で、せっかくだから最高画質に設定してみた。届くのは週明けになるだろうけど、今からわくわくしている。もっと前の写真も掘り出してプリントしたくなっている。

コメント