Kick Ass

movie

※ねたばれあります。

キック・アス DVD

ロケッティアは男子の夢。

冴えない男子だがスーパーヒーローになる夢を抱き、へんてこなラバースーツを着て徘徊しているとリンチを受けて九死に一生を得る。一生以外にも折れた骨を強化するパーツを埋め込まれて痛みが感じられなくなった。するとまたスーパーヒーローになりたくてラバースーツを着て徘徊し、喧嘩をとめることに成功する(弱いけど痛くないから)。それがYoutubeで公開されて一躍人気者になるが、そこに街のヤクザものたちと、謎の父娘が絡んでくることになる。

個人的にぐっときたのは、裏切り者のちんぴらが仲間に制裁を加えられている場面で、右手の小指にでっかいワイヤーカッターを当てられながら訊問されるところです。ああ、アメリカ人も不細工なことになったら小指つめるんだー、と変なところで感心しました。

確かにヒットガールの活躍はぐっとくるものがある。今はすっかり大人になったそうですが、こどもが強いことの驚きと爽快感はすごい。しかし、ラストのロケッティアのかっこよさと、「本丸は反対側だよ!」と無策ぶりが混じり合って、手放しで褒める気にならなかったのが本当のところ。それでもさっぱりと爽快な映画が見たいときには悪くないと思いました。

コメント