幻の苔を探して:キノボリオウゴンゴケ

Bryophytes
ハマキゴケ(センボンゴケ属)
Pocket

※イメージ画像はおそらくハマキゴケ。センボンゴケ属でもキノボリオウゴンゴケではありません。

東京で一番苔の見られる場所、高尾山に行くことになりました。苔を見るようになってからは5回目くらいでしょうか。とはいえ、休日は登山客で賑わうのでゆっくり苔を見ることが難しい。現地で調べ出すときりがないので、あらかじめ予習しておこうと思い、高尾山で見られる苔について調べてみました。

もっとも簡単に入手できる高尾山近辺の苔リストは、井上浩著『コケ-フィールド図鑑』です。

[amazonjs asin=”4486009525″ locale=”JP” title=”コケ (フィールド図鑑)”]

井上先生が高尾山に行って撮影した苔がかなりたくさん収録されています。とはいえ、100種を超えると言われている高尾山の苔のうち、数十種類なので完全に網羅しているわけではありません。もっと知りたいという好奇心にかられて調べていると、神奈川県にある公益財団法人 平岡環境科学研究所が発行している「自然科学環境研究」という論文集に高尾山の苔を調べた論文があることがわかりました。1995年、1996年に発行されている号に収められているようです。しかし、残念なことにオンラインでは論文の中身まで読むことができませんでした。国会図書館にオンラインデータで所蔵されていることを確認したのでコピーを取ってきました。国会図書館の掲示が見づらくて難儀した件はおいておいて。

コピーした論文は、1995年段階の高尾山なので、それから20年がたっている現在とは生息している苔の種類は異なることでしょう。それでも見ておくにこしたことはない。読み進めていると現在とは分類が異なることもままあります。それどころか、種の名前自体が変わってしまっているものまで。中でも気になったのがタイトルにも記した「キノボリオウゴンゴケ」。黄金ゴケという名前だけでもすごいのに、木に登ってしまう。いったい何者!?と思って、苔界のドラえもんこと平凡社の図鑑をひもときます。

[amazonjs asin=”4582535070″ locale=”JP” title=”日本の野生植物―コケ”]

しかし、索引を見ても「キノボリオウゴンゴケ」はいませんでした。上記したように、研究が進むにつれて名前が変わってしまったようです。名前が変わるのにはいろいろな理由がありそうです。別の種と実は同じだったので片方の名前を消してしまうとか、分類状の「属」から変わってしまって種の名前も変わるとか。そうなると日本語の名前「和名」で調べることはできないので、ラテン語の学名から調べることになります。

キノボリオウゴンゴケの学名は、Leptodontium pergemmascens。Leptodontiumは確かに「オウゴンゴケ属」でした。しかし、pergemmascensの名前をもつ苔は「サジバオウゴンゴケ」という名前です。あれ……? 

名前の後には「(新称)」とあります。つまり、キノボリオウゴンゴケからサジバオウゴンゴケに名前が変えられてしまったのです。図鑑では分類表に小さく記載されているだけで、「葉はさじ形〜舌形」とありますから、形から判断されて名前を変えられてしまったのかも。

サジバオウゴンゴケ、国内で最初に見つかったのは杉並区の善福寺川公園なのだとか。23区から新種が見つかるなんてあるんですね! 見つかった1993年の論文では「キノボリオウゴンゴケ」と命名されています。名前が変わった理由までは見つけられませんでしたが、たった一つの苔にも名前の変遷があって、それを追いかけていくのもまた楽しいものです。木に生えているセンボンゴケ属、今度の高尾山でも探してみようと思います。

[amazonjs asin=”B000803CAM” locale=”JP” title=”スプーンおばさん DVD-BOX 1″]

コメント