フレイバーシェイカー

food
Pocket

某カリスマシェフジェイミー・オリヴァープロデュースによるフレイバーシェイカーなるものがある。小さな容器にハーブやオリーブオイルやレモンやチリを入れてがしがし振ると、簡単にドレッシングやソースができるという優れもの。番組で得意げにこれを振っているジェイミーを見て欲しくなったのはわたしだけではないはず。形はちょっとモヤモヤしてるけど。

しかし、日本では長いこと品切れになっていた。amazonくらいでしか売っているのを見たことがないが、番組を後追いで知った頃にはすでに品切れ。数年間市場に出まわっていなかったのではないか。

そこに販売再開の知らせが不意にamazonから届いた。たしかに買えるようになってはいるが、お値段なんと5261円也。……かなり迷う値段だ。別にボウルでしゃかしゃか混ぜれば済むものに5000円強も出すべきものだろうか……。でもジェイミーが左手をラッパー、右手をシェイカーにして料理してるのはダサかっこいい。迷いつつ本国ではどうなっているのかとamazon.ukを見に行くとそこには惨状が広がっていた。

「ひどい出来!」
「アイデアはいいけど、出来上がりは最悪」

など、ジェイミーのしゃかしゃかに長いこと憧れてきたわたしには信じられない酷評のパレードが続いている。どうやらかなり外壁のプラスチックが割れ易いらしい。たしかにセラミックのボールをプラスチックにガチガチぶつけたら割れちゃうよな……。

さらにスペシャル・エディションも出ている。これは壊れやすいと批判のあるボディをステンレスにしてあるのだ。これならガシャガシャ振っても壊れないからさぞ点数もいいだろうと思いきや。★2つである。「素材がボールにくっついてしまう」「振っていると蓋が外れてしまうので、両手を使わないと振れない」「洗ったときにゴムシールが流れて使えなくなった(イギリスには野菜くず受けがないのかな?)」 などなど。

amazon.ukから輸入できるのなら円高の影響でかなり安く買えるから試してみてもいいけど、振っている途中で外れちゃうなら確かにWhite Elephantだなあ。京セラあたりはとっとと真似して作っちゃえばいいのに。

コメント