Tricker’sのブーツ

life
Pocket

猫の病院代がえらいことになったので、今年はボーナスで何も買わないつもりだった。だけどどこからか「現地から輸入すると安いよ」という声が囁かれて、ふらふらとクリックしてしまったのだ、Tricker’sを。

箱を開けたら片方ずつ布の袋に入っているところにまず感動。あとはロゴ入り靴磨き用布に、靴べらに、専用の靴クリームまで入っている。すごい。

履いてみると久しぶりにブーツの重さを実感。10年くらい前に赤茶の細い感じのブーツを買ったことがあった。0.5くらい小さくて悩んでいたところに、「革は伸びる」という店員の言葉にだまされて痛さをおしてはき続けたが、ちっとも足に合わず、手入れもしなかったため廃棄した悲しい思い出が蘇る。今度はそんな乱暴なことをしないと固く誓うのでありました。

ちなみに、去年の秋か冬にイギリスの靴が数千円ほど値上げされてちょっと悔しい。今回のお買い物は靴とシューツリーを合わせて4万円に、関税が 4500円。同じ値段を出せば国内でも買えるが、シューツリーは日本で買おうと思うと5000円以下のものは見つからなかった。しかもherringのものはつくりがちゃんとしている。

海外からの輸入は思ったより簡単で、オーダーして5日くらいで届いてしまう。怪しいspamが1通届いた以外はカード情報が悪用された形跡もなく、日本で通販するのと何ら変わりはないのでした。

今履いてる会社靴がもうぼろぼろなんだよね……。もう1足いってしまうかも。

コメント