2020-01

Bryophytes

コケカツ(43)興味のない人に苔の話をする

コケカツ!とは野山に分け入ってコケを見ること。撮るだけで採らない。 正月に悪友と酒を呑んでいたら、知らないうちに隣のテーブルの人たちと話していた。正月は人のガードが緩むのか、悪友が人の懐に入るのがうまいのか、毎年正月に吞むと横の人とL...
Bryophytes

コケカツ(42)苔の見頃

コケカツ!とは野山に分け入ってコケを見ること。撮るだけで採らない。 久しぶりに苔の話を。 正月休みに知人と歩いていて「苔の見頃っていつなんですか?」と聞かれた。ものの本には年中通して見頃って書いてあったりするけど、やっぱりこれからの...
Bryophytes

コケカツ(41)

コケカツ!とは野山に分け入ってコケを見ること。撮るだけで採らない。 『失われた時を求めて』3巻までは電車の中でも読んできたけれども、プルーストの文章は引きこもれる場所で、ロマン派をBGMに読むのがふさわしい。貴族とか社交界とかの話は人...
Bryophytes

コケカツ(40)チャプスキ『収容所のプルースト』再読続き

コケカツ!とは野山に分け入ってコケを見ること。撮るだけで採らない。 『収容所のプルースト』を再読して改めて名著という感慨を抱いた。しかし、いざプルーストを読み始めると、特に読まなくてもいい。プルーストへの助走としては最高の一冊だけど、...
Bryophytes

コケカツ(40)チャプスキ『収容所のプルースト』再読

コケカツ!とは野山に分け入ってコケを見ること。撮るだけで採らない。 プルースト4巻目に入るにあたって、読むきっかけになった『収容所のプルースト』を再読してみる。収容所でテキストなしにプルーストについて語るなんてことができるのか!?と驚...
Bryophytes

コケカツ(39)ソーンダーズ『十二月の十日』読了

ソーンダーズは『短くて恐ろしいフィルの時代』を読んでいて、実験的なシチュエーションで人間がどうふるまうか、彼らは総じて浅はかな選択をとって後悔する、という傾向がある。MBAをとったり豊かな家庭に育ったりする人はモブで、C...
Bryophytes

コケカツ(38)ソーンダーズ『十二月の十日』着手

コケカツ!とは野山に分け入ってコケを見ること。撮るだけで採らない。 海外文学の新刊も読みたいものだとジョージ・ソーンダーズ『十二月の十日』を地元の書店で『失われた時を求めて』4巻とともに購入する。先日亡くなったNBAの名コーチフリップ...
Bryophytes

コケカツ(37)『失われた時を求めて』3巻、私がジルベルトと不仲になる

コケカツ!とは野山に分け入ってコケを見ること。撮るだけで採らない。 2018〜2019年はアニメを見る機会が増えたのですが、話題になっているものでも趣味じゃない作品があって、どこが好きとそうでもないの分岐点なのか分からなくて悩んでいた...
Bryophytes

コケカツ(36)ナボコフ『ヨーロッパ文学講義』のプルーストで新年

コケカツ!とは野山に分け入ってコケを見ること。撮るだけで採らない。 新年あけましておめでとうございます。海外文学とコケについて今年も毎日書いていきます。 引き続きナボコフ『ヨーロッパ文学講義』を読んでいる。プルーストをこれから読...