Automator

book

記憶の保存

酒に浸って毎日過ごしていると、必要なことも必要でないことも忘れてしまう。そんなわけで内部記憶装置はたいそう当てにならないので、たいていのことは外部記憶に頼ることになるのだが、それもたいていどこに保存したか分からなくなってしまい、結局はどうで...