book

『2666』を読みながら心はロシア

『ロシアとソ連邦』、『記憶の中のソ連―中央アジアの人々の生きた社会主義時代』を読んだ。普段読まないような社会主義について調べているのは、ソローキン『青い脂』から触発されているためだ。「なぜソ連の人々は同朋を大量に殺してまで社会主義という実験...
book

第28回読書部 ウラジーミル・ソローキン『青い脂』

『青い脂』の読書会なんて下品な課題図書ではたしてどれだけの人が集まるやら、という気苦労は杞憂に終わり、募集から1週間もせずに10名以上の参加表明があり、驚くやらうれしいやら。高田馬場にあるルノワール系の会議室を使いましたが、思っていたより広...
book

今日の本棚

来週のソローキン『青い脂』読書会に向けて、地味に読了。最後は確かに感動するというかアホなんですが、全体を通してロシア人はタフで、わたしなんかが住もうとしたら3日で体を悪くしたり誘拐拷問されてあっという間に死んでるな、と思ったことです。それは...
life

惣菜屋に婿入りする夢を見た

「料理ができるんだったらうちに来なよ」とバツイチの彼女は言った。家に入ると、三世代の大家族で、彼女の姉か妹の子供たちがにぎやかだ。「これ、切っておきな」と野菜を渡されて早速料理を始める。途中でお祭りや腕試しなんかもあり、奇跡的に勝ったりして...
book

ボルヘス「トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス」

何度読んでもタイトルが覚えられない。「トゥルーン、ウクバー、マルクス・アウレリウス」でもたぶん気にしない。いっそひらがなにしてはどうか。「とれーん、うくばーる、おるびす・てるてぃうす」。最後の「オルビス・テルティウス」が難しい。ギリシアの皇...
life

Evernoteの整理中

Evernoteがあまりにも重くて難儀している。気になった記事をどんどん放り込んでいたら、いつの間にかまともに動作しないレベルになってしまった。最初の同期だけで相当な時間がかかり、いざというときに機能しない昔のアルバム状態。軽いクライアント...
life

プログレ好きとか言いながら今日はじめてマンダラバンドを聴いた

某バイトに行き、某新聞を予定の2時間きっかりで読み切ったことに一人感動している。 まずいきつねそばを食べてから某書類を書くために某タリーズに行ったら、半袖で快適という気候にものすごい勢いで冷房を入れており、外のテーブルがすずなりになっ...
book

読書会を告知した

Twitterで読書部第28回としてソローキン『青い脂』の告知をしたら、2日で14名の参加表明があり、うれしい限り。とりあえず場所は確保したので、あとは本を読むだけだ。週末には各自に連絡せねばならんし、14名で飲み会やるとしたら中華料理屋し...
life

一段落

4ヶ月かかった仕事をとりあえず入稿して一段落。今週はぼんやりしていた。 会社の人たちと新橋工へ。あまりこういう店に来たことがないというので、珍しそうなトリッパ煮込みとかレバームースとかの洋風な感じで。この会社に入って一番笑った、という...
life

登山靴を買うとき

ゴローで登山靴を買うときは、家を出る前に登山用の靴下は持って行った方がいい。現地でも貸してくれるけど、やはり普段自分で使う厚みで試した方がいいから。 巣鴨駅で降りて山手線の内側に出る。小さなロータリーを抜けて5分程度歩く。道の反対側に...