Bryophytes

国立科学博物館主催「しらびそ高原のコケと地衣類を見る知る楽しむ」に参加してきた

茨城県自然博物館の変形菌展についても書きたいのだけど、こちらから。 国立科学博物館主催の「しらびそ高原のコケと地衣類を見る知る楽しむ」に参加してきました。しらびそ高原がどこかも調べずに気軽に応募したら、飯田市の最寄り駅からタクシーで1...
book

若い人と年輩の人が出会って生まれる火花:『女子学生、渡辺京二に会いに行く』

言われてみれば石牟礼道子に関係して名前を見たことがあったかな、くらいの認識だった著者。手に取ったのは荻原魚雷『書生の処世』(本のチョイスがわたしの見落としているものばかりでよかった)がきっかけでずいぶんほめているし、著者と女子学生は...
Bryophytes

岡山コケの会観察会@鎌倉に参加しました

日本の首都は東京ですが、コケの世界における日本の首都は岡山かもしれません。歴史的にはいろいろな大学でコケの研究が行われてきましたが、岡山で一般の人がコケについて学ぼうとしたことが「岡山コケの会」の発端だったようです。 1992...
book

名作なのに挫折している文学

エリオット『荒地』の日本語解説があった。これがあればわたしにも読める、読めるぞー! T・S・エリオットに限らず挫折している本、または読んでいないけれども読む前から挫折している本というものが家にある。挫折している本は他に有名どころとして...
book

断捨離、自炊、本との別離

本が好きという人もいろいろだ。わたしの周囲には数千冊から数万冊所持している人が複数いるので勘違いしてしまい、本を読むためにはまず本を所有しなければならない、それも余るくらいに、という信念が若い頃にはあった。本棚2竿に加えて床や押し入れにしま...
book

ジェームズ・W・ヤング『アイデアのつくり方』は50年たっても色あせない名著

Webサイトを更新しようと思っても、ついつい後回しになってしまう。仕事や毎日の家事を優先してやってしまうと、記事を書く余力が残っていないのだ。だとしたら、先に記事を書いて後で仕事をすればいい。何年もサイトをやっていてようやくそのことに気がつ...
Bryophytes

苔観察日記:奥多摩某所は多種多様の苔でいっぱい!

※苔は基本的に生息地でしか育ちません。苔を獲ったり持ち帰ったりするのはやめましょう。 ゴールデンウィークの奥多摩は年を経る毎に人が増えているような気がする。今日は初めてホリデー快速おくたま1号に乗ってみた。都心に住んでいる頃はちょっと...
book

詩は読めないけど持ち続ける

「#あなたの本棚のあいうえお」タグを見て我が家はどうかなと本棚の前に行くと、辻征夫が眼に入った。『かぜのひきかた』『河口眺望』『かんたんな混沌』と、「か」から始まる本ばかり。『鶯─こどもとさむらいの16篇』は買わずじまいだったなあと思い出し...
Bryophytes

苔観察日記:高尾某所

3月も中旬に入ろうとするともう低山ではダウンジャケットは不要なのですが、ことコケに関してはまだまだ必要な場合もある。観察スポットまでは坂がきつくて汗ばむくらいに運動するのだけど、いざ着いてしまうと一箇所にじっととどまるのでどんどん汗が冷えて...
Bryophytes

鎌倉の苔むすびに行ってきた

鎌倉にある苔むすびさんが実店舗をはじめると聞いたので、オープン初日にうかがってきました。 鎌倉駅から歩いてちょっとなんですが、何せ神奈川に足を踏み入れることが年に数回という身では、鎌倉駅のどこから歩けばいいのか分からなくなってしまうの...