book

コケカツ(121)

通勤するよりも在宅の方が絶対自分に合っている。それは今も確信しているのだけど、それでも時々通勤して23区に足を踏み入れるのは勇気がいる。もう4月頃の一部だけが感染しているだけの状況ではなさそうだ。 こういう時、だいたい最悪のことを考えて自...
art

コケカツ(120)プルースト美術館その1

光文社古典新訳文庫や岩波文庫『失われた時を求めて』では、有名な藝術・絵画を1ページ割いて紹介してくれる。これはこれで便利なんだけど、やはりカラーのものはカラーで見ておきたいし、文庫ではサイズが小さい。でも、PCや携帯でいちいち検索するのもめ...
book

コケカツ(119)

緊急事態宣言が解除されて、一番不安なのは通勤。幸い、毎日電車に乗っているわけではないし、以前使っていた混雑する時間帯を避けているので、だいたい座って行き来ができている。 久しぶりに下りるまでずっと座れないときがあって、その時に気づいたのが...
Mac

コケカツ(118)Chromeの調子がおかしいのが直った

パソコン関係の仕事をしているのですが、最近はソフトもハードもどんどん新製品が出てくるので、ついていくのも大変です。 パソコンではありませんが、最近買ったSwitchの快適さはちょっとすごい。ボタンやレバーの動きがスムーズなのはもちろん、ゲ...
life

コケカツ(117)オフトゥン族となる

5歳の時にグランドマザーが亡くなった時は、部屋の仕切り戸を取り払って広くして仏壇を設け、たぶん遺体も同じ部屋にあった。見たことのない親戚がやってきて、それ以来見ていない親戚も大勢いる。その時に人生で初めて赤い爪の人を見ました。ぶつけて血が滲...
movie

コケカツ(116)

岩波ホールでかかっていた時から気になっていた「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」を見てきました。これは「知」について少しでも考えることがある人はぜひ見た方がいい。こんなこと図書館でやっていいんだ!?と驚きの連続です。 ...
book

コケカツ(115)

部屋の掃除をして発掘された、1967年に編纂されたSFのアンソロジー『SFベスト・オブ・ザ・ベスト(上)』を読んでいる。「ベスト・オブ・ザ・ベスト」とうたうだけあって、当時の最高のSF短篇集だし、50年以上たった今でもおもしろい。 時代...
life

コケカツ(114)

在宅勤務が増えたこともあるけど、自粛ムードで外出がいけないという状況で運動不足を解決するにはどうしたらいいか? 家の周りを人のいない時間帯にがしがし歩くことくらいしかできないみたいです。 スーツも着ないし革靴も履かなくなって、代わりに必要...
book

コケカツ(113)

去年の本屋大賞受賞作を読んで、前半ものすごく好きなのに、後半一気に楽しくなくなった。なんでだろう? 前半は親が事情によって家から出たり入ったりして、主人公の子どもが軸になっている。家庭のあり方が一様ではないというところがすごく良くて、...
book

コケカツ(112)

『失われた時を求めて』はついに光文社古典新訳文庫版に追いついてしまった。2年に1冊くらいのペースで出ているようなので、うまくいけば今年あたりに7巻が出るかもしれないけど、待つことで今のプルーストを読める流れを崩したくない。 だから岩波文庫...