苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book ロシア文学

サーシャ・ソコロフ『馬鹿たちの学校』(河出書房新社)

投稿日:2010年12月31日 更新日:


馬鹿たちの学校
馬鹿たちの学校

posted with amazlet at 10.12.31
サーシャ・ソコロフ
河出書房新社
売り上げランキング: 83574

分裂する人称が時間と実体を超越する。パーヴェル・ペロトーヴィチ先生の怒り、吃音症の叫び、ヴェートカのとめどない言葉の奔流。いったいこの本は何なのか、読後1週間経った今も、この読書というよりも「遭遇」としか言えない体験をどう言い表せばいいか分からない。

本書にあらすじはほとんどない。そもそも語り手が一人なのか二人なのかも分からないまま最後まで読み進めることになる。語りを揶揄するような意見が地の文で発生し、それに続けて周囲の人物も地の文で語り出す。主客の間にあまり差がないので、誰が誰だか区別がつかないことが多いが、おぼろげながら反体制派の地理教師がいて、片思いの相手がいて、と周囲の人物が見えてくる。

地理教師の物語はその中でもわかりやすい方で、声が街の中を流れて角を曲がり塀の間をくぐり抜けて語り手の元に届く場面は、ガルシア=マルケスのようなマジック・リアリズムを彷彿した。

あとがきに「現代ロシア文学の”古典”と呼ばれることを正当に要求する作品」とあり、こんな抽象的で五里霧中な作品が”古典”と呼ばれうるという現代ロシア文学の水準の高さに驚愕した。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book, ロシア文学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

次回読書会は11/16(土)、課題図書はナボコフ『絶望』です!

次回読書会は11/16(土)、課題図書はナボコフ『絶望』です! http://www.kotensinyaku.jp/nextnumber/index.html 「10月出版」としかないので日程的にや …

2月に読んだ本のまとめ

「海外文学」で検索したら海外文学のブログとして紹介してくださってるところがあったので、慌てて読んだ本について更新。コーヒーとか自転車とか日本酒とかは二の次であります。 2014年2月の読書メーター読ん …

ハンナ・アレント『責任と判断』その1

演劇部だったときに顧問から「この芝居で取り上げられている殺人者というのはフィクションではない。自分の状況によって人は考えてもみなかったような人間になってしまう」と指摘されたことがありました。当時、ラブ …

no image

購入

マリオ・バルガス=リョサ『チボの狂宴』(作品社) amazon 楽天 Raccomandata Ricevuta Ritorno「Per… Un Mondo Di Cristallo」 a …

no image

リチャード・カウパー『クローン』(サンリオSF文庫)

猿が共産主義的階級闘争を人間に挑んでいる2070年代。天才的記憶を持つ男女のクローンとして4人の少年が生まれたが、彼らのおそるべき力はフランス人なもんでいきなりエロに向けられたため、怒った女医が記憶を …