苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book アメリカ文学 ロシア文学

サーシャ・ソコロフ『馬鹿たちの学校』

投稿日:


ノーマークの作家だったが、あとがきによるとナボコフ先生激賞で「うちに来ないか」とお誘いを受けたほどであるらしい。読み始めてみると「」なしの語りが多く、誰だか分からない声が響いてきて不安になる一方、侠気のある地理の先生など興味深いキャラクターも見受けられる。

ちょっと探してみて見つかった論文は以下の2件。

馬鹿たちの学校
馬鹿たちの学校

posted with amazlet at 10.12.29
サーシャ・ソコロフ
河出書房新社
売り上げランキング: 127378
【送料無料】馬鹿たちの学校

【送料無料】馬鹿たちの学校

価格:2,520円(税込、送料別)

ad02

ad01




ad02

ad01




-book, アメリカ文学, ロシア文学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ジーン・ウルフ『ピース』人物相関図その1

とりあえず第1章だけ。しかも立ち位置が分からないマーガレット・ローンは入っていない。 Peace03(PDF) マインドマップでは表示する範囲が広くなりすぎて、2章・3章と進めていくには限界があるかも …

2016年5月に読んだ本は相変わらず海外文学が少ない

自分が読む本のカテゴリが「海外文学」「苔・菌類などの生物学」「料理」「仕事関連」に狭まってきた。ここに「詩」とか「古典」も加えていきたい。でも、読める量には限りがあるから、なかなか難しい……。 あと、 …

no image

リチャード・カウパー『クローン』(サンリオSF文庫)

猿が共産主義的階級闘争を人間に挑んでいる2070年代。天才的記憶を持つ男女のクローンとして4人の少年が生まれたが、彼らのおそるべき力はフランス人なもんでいきなりエロに向けられたため、怒った女医が記憶を …

no image

7/13〜14

7/13 某内職。相手が楽しそうで何より。 次回課題図書『ブリキの太鼓』読了。最後の最後は図書館で借りてきた新訳で読み、素直に読みやすいと思う。しかしこれは再読しないと何がなんだかわからんぞなもし。 …

no image

『緑の家』読書会

わたしは5年前と去年、それに登場人物表を作るために都合3回読んでいましたが、それでも誰がどこに登場してくるかをきちんと把握するのは難しい。同じ人物が別のパターンで出てくることがあり、さらさらと読み進め …