苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book アメリカ文学 ロシア文学

サーシャ・ソコロフ『馬鹿たちの学校』

投稿日:


ノーマークの作家だったが、あとがきによるとナボコフ先生激賞で「うちに来ないか」とお誘いを受けたほどであるらしい。読み始めてみると「」なしの語りが多く、誰だか分からない声が響いてきて不安になる一方、侠気のある地理の先生など興味深いキャラクターも見受けられる。

ちょっと探してみて見つかった論文は以下の2件。

馬鹿たちの学校
馬鹿たちの学校

posted with amazlet at 10.12.29
サーシャ・ソコロフ
河出書房新社
売り上げランキング: 127378
【送料無料】馬鹿たちの学校

【送料無料】馬鹿たちの学校

価格:2,520円(税込、送料別)

ad02

ad01




ad02

ad01




-book, アメリカ文学, ロシア文学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

バルガス=リョサに関する出版物

まずは発売されている書籍から。ノーベル文学賞を受賞したにもかかわらず、半分くらいは品切れみたいだ。 『嘘から出たまこと』(現代企画室) amazon 『官能の夢―ドン・リゴベルトの手帖』(マガジンハウ …

イスラーム文化について知りたい

きっかけはボランティアでユダヤ人の本を読んだことがきっかけだった。ユダヤ人というと、アウシュビッツで迫害された人々だけど今ではメディアやIT業界に多くの名士を排出しているアメリカ・イスラエルを中心とし …

no image

ジーン・ウルフ『ピース』人物相関図その1

とりあえず第1章だけ。しかも立ち位置が分からないマーガレット・ローンは入っていない。 Peace03(PDF) マインドマップでは表示する範囲が広くなりすぎて、2章・3章と進めていくには限界があるかも …

『緑の家(上)』

バルガス=リョサ『緑の家(上)』人物登場図

上巻だけでも総勢59名が登場するマリオ・バルガス=リョサ『緑の家』。1/22に読書会を開催するにあたり、まずは人物の把握が必要と思い、再読ついでに登場人物が何ページに登場するかを表にまとめました。簡単 …

no image

国枝史郎『血煙天明陣(上・下)』

もう一昔前になってしまうだろうか、中二病という言葉が流行した。 ある価値観を経験した視点から蔑む時につけられる状態、とわたしは理解しているが、子供らしい自由な価値観を否定する言葉だと思う。 大げさな名 …