歴史散歩


江戸以前の地形に興味があるという人につきあって、品川歴史館へ。どの駅からもけっこう遠いが、立派な建物なのだ。お茶室やお稽古事ができる部屋もある。品川近辺の常設展のほかに、温泉の歴史ということで全国各地の温泉地の写真が展示されていた。広島あたりに女性が公園で座っている奥に、すっぱだかのおっさんたちが堂々と温泉に入っている写真があったのが印象的でありました。2階に上ると浮世絵検索システムがあるのですが、IE5で動いているところに殺意を抱く。だいじょうぶなんすかね?

大森貝塚の思ったより何もない虚無感につられて、昼メシもかなりいけていない店に入ってしまう。唐辛子のパスタにバター醤油はやりすぎだ。10年くらい前はリーズナブルで量も多い印象だったけど、某イタリア系ファミレスを3倍の値段で食べている気持ちに陥ったので、早々に退散。

続いては等々力渓谷。大井町線等々力駅で降りると、以前はなかった成城石井がどんと構え、アイスクリームをなめる人たちが店外に溢れている。平和ってすてき、と思いながら渓谷への階段を下りると、予想以上の人出。前日までの雨で足場が悪い上に、狭い通路に三脚を構える年配の人たちが見事なボトルネックを作りだしていた。あなたのカメラを川に流してどんな絵が撮れるか見てみましょうか、という言葉を飲み込む。終点には小さな滝があって、前回は滝にうたれている宗派不明の人がいたのだが、水量も減ってその日は不在。夏は滝業が気持ちよさそうです。

不本意な昼メシをとりかえすべく、自由が丘に昨年できたさくらバルへ。ちょっと狭いけど、モヒートはじめじめした夏に最高。二重になって氷を溶けにくくしたグラスに、ライム・ミント・ジンにかき氷。付属の小さなゴルフクラブでしゃりしゃりと氷をくずしながら、細いストローでちゅるちゅるすする。目の前で2階の客のために料理がお手製エレベーターで上がっていく様を見るのも楽しい。ワインもなかなかよござんした。メシをかっこむというよりも、軽くつまむ程度なら自由が丘ベストチョイスだと思います。

コメント