根津美術館のKorin展は普段日本美術に興味ない人こそ行くべき


このGWに特に予定がなく東京都に住んでいる人は、迷わず根津美術館のKorin展に行くべき。

尾形光琳の代表作が一度に見られる

尾形光琳と言えば根津美術館が所有している国宝「燕子花図」。東京に住んでいて国宝に出会えるなんてそうそうないし、国宝に指定されている美術品は歴史的な背景が大きく絡んでいることが多く、美術史の知識は学生以来まったく増えていないというわたしなどには、正直地味だ。

しかし、「燕子花図」ばかりは一目見てこりゃすごいと思える。背景の金地、すっと伸びるエメラルドグリーンの葉、群青の花。ほぼ3色でできあがっているのに圧倒される。優雅で可憐。シンプルでいてゴージャス。その絵から10年たって描かれ、現在はメトロポリタン美術館に収蔵されている「八橋図」。同じ燕子花が同じような手法なのに、並べるとすごいものを見ているとさらに圧倒されます。これからの季節、ちょっとした寺や植物園などどこにでも生えている燕子花がこんなにすごい。

「燕子花図」を見るのは今回で4回目くらいですが、初めて左隻と右隻で色合いが異なっていることに気づきました。左隻の方が色が濃いのは、劣化などによるものなのか、意図されたものなのかは分かりませんでしたが、見慣れたと思った絵でも新しい発見があるものです。

展示数が少ないから楽

特に上野の美術展に行くとすごく疲れることが多いのです。人の多さもさることながら、展示数が多くて最初に見たものの印象は最後になると薄れてしまっている。もちろん逆もあり、昨年の震災直後に開催された写楽展などは有名な初期の絵ばかりが印象に残り、後期の本人があまり携わっていないと思われる全身絵になるとさっぱり記憶に残ってない。

ここでは燕子花の屏風2つに、最後の酒井抱一による模写が大きな屏風で、他は繊細な植物絵なので、メリハリがある。あまり広くないし、来場者もそれほど多くないので快く見られる美術館なので、わたしのイチオシ。さらに緑豊かな庭園もあり、美術と自然と両方を手軽に体験できます。今日は激しい雨でしたが、館内から庭園に降り注ぐ雨をぼんやりと眺めるのも一興。

琳派すごい

「燕子花図」は葉や花と平行の視点から描かれており花の向きはほぼ一定、鑑賞者と視線が合うような感じ。一方の「八橋図」は右上から左下へと灰色の橋がかかることで、視点が揺らぐ。橋は歩行者あるいは対岸などの少し上から見る視点になる。左隻の燕子花は「燕子花図」同様に花と同じ高さから描かれるが、右隻は上から見下ろした角度で描かれたものが多く、まるで橋の上から見ているかのよう。なので、ここですでに視点を混在させるキュビズムをやすやすと取り入れている琳派すごい。

最後に配置された酒井抱一「青楓朱楓図屏風」がこれまたすごい(「はろるど」様に画像が上がっています)。尾形光琳の模写とかはともかく、構図が最高。背景の島や海は曲線でデフォルメされ、なまこ等の軟体動物やアザラシのようなぬめぬめした感触。楓の木は伝統的な手法で、苔を表しているのか琳派お得意のエメラルドグリーンがそこここにちりばめられます。そして、あちこちに咲く花や草木はデフォルメされながらも鋭角。トーンが異なる3つのレイヤーに分けて描かれているところがおもしろく、不思議とバランスがとれていて、見飽きない。

色遣いの華やかさとリアリズムをあっさり超越してしまうところが琳派の魅力だと思います。5月20日(日)まで。

コメント