苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

読書部

第61回読書部ミランダ・ジュライ『最初の悪い男』

投稿日:


まずは各地の書評を。

角田光代@All Review
山崎まどか@BookBan
小俣鐘子@読書人:「勤務先のNPO団体では、自らが発案した護身術エクササイズのDVDの売れ行きが上々で、同僚との関係も良好。」えっ?
未翻訳ブックレビュー:「The first bad man」のmanはhumanとしてクリーを指すという視点はなかった。
諸田玲子@Asahi.com

続いて、参加者からの第一印象。
ネタバレがありますのでご注意ください。

・オチあるんだ!?
・エピローグはラ・ラ・ランド

・くすぐりが多い(特に前半)
・ふつうの人の感性だとそこではないというところに注意力が向いている
・押しつけたストーリーがそのままでは保てないので、自分が変わっていく
・出産前後は絵が目に浮かぶような描写
・前半は空想と現実の緊張感(暴力のシーンで最高潮へ)でおもしろくなるが、後半は平坦に終わっていく
・年齢を気にしすぎ。自分たちの周りの時間を気にしている描写が多い
・彼らがこの場面に至るまでどのように生きてきたかが分からない(演劇的な割り切り)
・綿矢りさ『勝手にふるえてろ』に似てる

・序盤はフィリップとクリーのどちらにいくのか読めないけど、クリーと暮らすことが驚いた
・全体に不安定で居心地の悪い感じの理由は、バイアスをもった人たちしかいないから(例:庭師を引き続き雇う:前の持ち主よりも心が狭いと思われるのがいや)
・作家に「出産の後に書くものは変わるか」という質問はくだらないけど、読者としては知りたいし、本作はそのアンサー。妊娠出産の肉体変容が経験することで書くことは変わるのでは? だけどミランダ・ジュライはそこから距離を置きたいはず
・人はそれぞれの台本を持って生きていくというのをシェリルが気づいていく
・暴力という身体性と、育児という身体性の対比
・ルース=アン先生のところがとてもよかった。お金を払って対等の立場になることが実は一番大事だったのでは
・フィリップが気持ち悪い。もっとひどい目にあってほしい
・ルース=アンとデヴィッド・ボウイを歌う下りは泣ける

描写が明瞭で登場人物も限られていることから、状況を把握しやすい・話しやすい物語でした。

あと、毎回参加者に最近読んで良かった本を聞いているので、列挙します。













次回読書会は12月15日(土)、課題図書は現在Twitterで募集中です。

ad02

ad01




ad02

ad01




-読書部
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

読書会の流れ

読書会って具体的にどういうことをやるんですか、という質問をいただいたので書き出しておく。読書会に参加したい人も、開催してみたいという人もいると思うので、わたしはこうやってますよというところだけ。あまり …

第47回読書部 フリオ・コルタサル『石蹴り遊び』

今回から課題図書候補を4冊ピックアップし、Twitterでの投票によってトップの本を課題図書にするという試み、最初は100票以上の投票をいただきました。ありがとうございます。しかし、終了前日まで1位と …

族長の秋

ガルシア=マルケス『族長の秋』第3章

第3章は意外と短かった。そして見どころ満載だぜ、主に血の海でな。 【楽天ブックスならいつでも送料無料】族長の秋 改訂新版 [ ガブリエル・ガルシア・マルケス ]価格:864円(税込、送料込) P.12 …

読書会にご参加いただくにあたって

こんな大仰なことを本当は書くつもりはありませんでした。個人がTwitterなどで知り合った方をお誘いしているようなこぢんまりとした会ですし、わたし自身は別に立派な大学を出たわけでも本業が出版社なわけで …

no image

第32回読書会ギュンター・グラス『ブリキの太鼓』

第32回読書会課題図書はギュンター・グラス『ブリキの太鼓』(講談社文庫)で開催します。 日時は7/20(土)に13時から都内某所にて。参加者へ個別に詳細を連絡いたします。 参加表明はこの記事のコメント …