苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

life

ほめていく

投稿日:


学生の頃に自炊を始めてみむとしてやってみたのがインドカレー。レヌ・アロタさんのカレーの本を買ったら無性に自分でも作ってみたくなり、ちょっと高級なスーパーでスパイスを買いそろえた。そもそもインドに行ったことはもちろん、インドカレーを店で食べたことすらないのに自分で作ってみようとしたのだから無謀に思える。結果としてはスパイスの分量さえ守ればだいたいインドカレーらしきものはできます(ギーという油の代わりにバターを使うなどすれば)。それなりにできて嬉しいので、毎日作りすぎて1ヵ月ずっとインドカレーを食べていたらさすがに飽きて、それからしばらく具材になっていたひよこ豆を食べられなくなりました。

この時、わたしは別にインドカレーの味が好きなわけではなくて、自分が何かを作り出せることが楽しかったんだと思うのです。でも一方で、「何かを作り出すことはちゃんとできないといけない」という自己抑制もあって、自分の中の検閲マシーンが「あれはだめ」「ここはもっとこうしろ」といちゃもんをつけてくるので、極力なにかを作りたくない(この文章も然り)人間になってしまいました。

心理学的にはいろいろあるのでしょうが、めんどくさいから自分でなんとかMY検閲官をやっつけたい。「うまい! すげーうまいなー、誰が作ったんだろー(わたしです!)」というやりとり、料理を作ったあとなどはよくやります。でも、絵を描いたり文章を書いたりという時は自分をほめられない。たぶん、自分がその分野で褒められた経験がないまま生きてきてしまったからかもしれません。

いまはTwitterやFacebookで気軽にほめてもらうことができます。このくらいのカジュアルさが実生活にあってもいいと思うんですが、言葉にするとなかなか難しい。かるくほめられる人、ほめを受け止められる人はいいのですが、良いも悪いも評価する感情を表出するのは難しいものです。

悪いところには気づきやすいのに、いいところに気づかないのはなぜだろうと考えています。仕事なんかでもぱっとよくないところを書き出していって、その後で残ったところにほめポイントが残っているはずと思って探していく。本来これは逆であるべきと思うんですが、仕事って悪いところがあるのは最低限避けないといけないから悪いところから探してしまう。仕事のせいなのかな、ほめるのが難しい理由。

仮想の誰かを傷つけることを恐れずに、どんどんほめていかなければなりません。そのためにはいいものをたくさん摂取して、悪いものから距離を取るべき。本を読んだり絵を見たりコケを観察しにいくのは、いいものを摂取しないとわたしが悪くなってしまうせいかもしれないなと思いました。

がんばって書いたけど、結局上述のような普段敬して遠ざけている本と同じことしか言ってない気がするな……。

ad02

ad01




ad02

ad01




-life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

断捨離の功罪 若いうちに断捨離することの疑問

今の本棚その1 周囲に数万冊単位の蔵書を持つ人が複数いるので、これまで本を多く所有することは正しいと無意識に信じていた。ふとした時に取り出して引用することもできるし、読みたい本は家にあるはずという安心 …

no image

オリンピックの開催候補地と国体の開催地

先日東京オリンピック開催が決まった。開催については賛否あり、経済的効果が薄いらしいというならば別にやる意義などなかろうという立場。都内在住とはいえ、あまり影響がなさそうな職種なことも否定したい原因の一 …

no image

歴史散歩

江戸以前の地形に興味があるという人につきあって、品川歴史館へ。どの駅からもけっこう遠いが、立派な建物なのだ。お茶室やお稽古事ができる部屋もある。品川近辺の常設展のほかに、温泉の歴史ということで全国各地 …

YTVでおなじみのまんげ鏡

山湯酒活動 東京・大岳山

山湯酒活動とは、山に登って汗をかき、温泉に入ってほっとしてから酒を呑む。これが最高。 今回は奥多摩三山の一つと言われる大岳山。これで実は奥多摩三山を制覇。わたしは山に登る人としてはあるまじき、「楽な山 …

Night in Morioka

まさかここまでとは。盛岡は内陸なので、海のある県とはいえ海産物は期待できないと聞いていた。しかし、朝メシの海鮮ラーメンはとにかく塩辛く、昼メシの評判がいい回転寿司は都内に比べてもそれほどうまいとはいえ …