苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book 読書部

第57回読書部テジュ・コール『オープン・シティ』

投稿日:


第57回の報告でありますが、まず最初に第56回トマス・ピンチョン『V.』読書会の報告が抜けていることを謹んでお詫び申し上げます。めんどくさくてまとめておりませんすいません。「過去を書き換えていくこと」「プロフェインのからっぽさ」「後半につれておもしろくなる」などご意見いただきました。

さて第57回『オープン・シティ』ですが、参加者は15名でなかなかの盛況でした。特に主人公のジュリアスがラストでそれまでのキャラをぶちこわされる大イベントをどう受け取るかがポイントかと思います。

議論中はわたしもメモを取る暇がないので、参加者のご意見を紹介するだけです。

  • 冒頭の「そういうわけで(原文ではand so)」でもうすでに小癪
  • おしゃれなフラヌール(遊歩者小説というそうです)感あふれるテキストをどうやって読めばいいか
  • 自分のことについては主観的な記憶しか語らない
  • 精神科医の卵で傍観者に徹しようとしているが鼻につくキャラクター(マーラー愛好家は……)
  • ジュリアスはスノッブだけど、作者が彼を通して提示したいことが見えない
  • 物語に歴史を重ねる方法がうまい
  • ジュリアスはスノッブだが余裕がない
  • 物語ではなくて地理的な描写を楽しむことに徹する方法も
  • 教養ゆえに他人の思考とか言葉でしか語れず、自分の情動を出力できない
  • ラストは覚えていて何も言わないのか、本当に忘れているのか
  • ジュリアスが遭遇する人はインテリ率が高い
  • アメリカ社会だけでなく世界中に蔓延する弱者への差別
  • ジュリアスの倫理観を棚上げにして傍観者で居続けることを(キャラクターは)目指しているがうまくいかない

ミステリなどでは「信用できない語り手」という手法がありますが、本作もそんな面を多分に持ちながら倫理的な解決しづらい問題に取り組んでいるところが(わたしは)評価できるかと思います。ジュリアスはだいぶ嫌われてたけど。

次回読書会は8月25日(土)、課題図書はTwitterにてお知らせしています。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book, 読書部
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

第33回読書部活動フラン・オブライエン『第三の警官』

実は、読書会の一応のコンセプトとして、以下の基準により参加者またはわたしが選書しています。 別に海外文学に限ったわけではないが、他で読書会が催されている本についてはなるべく取り上げない 売れている本は …

no image

ナボコフ『賜物』(河出書房新社)

ナボコフの魅力を他人に伝えるのが難しい。ボルヘスなどと並んで「これさえ読めば海外文学通を気取れる」名声を持った作家だが、そう言われるには理由があり、それでも伝わりにくいのは、物語のあらすじではまとめら …

2017年の読書部活動報告

Twitterを主戦場にしていると、ついつい140文字以内に入るような文章ばかりを考えてしまって、長い文を書くことが億劫になって更新が滞ってしまいます。本当なら読書会の記録や苔観察の記録をつけて、数少 …

no image

ナボコフ先生の視点をインストール

セサル・アイラ『わたしの物語』では正体不明の人物の語りを楽しみ、『2666』ではいつ終わるともしれないページ数と細く辿れる人物の関連に眼を細めたりした。しかし、どうも自分が欲している物語の形とは異なる …

no image

「世界文学とは何か?」デイヴィッド・ダムロッシュ、池澤夏樹+柴田元幸、沼野充義、野谷文昭

東京大学で開かれた「世界文学とは何か?」を聴講してきた。 まず「世界文学とは何か?」の著者ダムロッシュ氏からは日本語で書かれたテキストを渡され、それに沿って氏が話していく。まずは、杜甫「旅夜書懐」・芭 …