苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book

若い人と年輩の人が出会って生まれる火花:『女子学生、渡辺京二に会いに行く』

投稿日:


言われてみれば石牟礼道子に関係して名前を見たことがあったかな、くらいの認識だった著者。手に取ったのは荻原魚雷『書生の処世』(本のチョイスがわたしの見落としているものばかりでよかった)がきっかけでずいぶんほめているし、著者と女子学生はだいぶ年の差がある。むかしは長老に教えを請うというスタイルがあったけれども、現代は家族の形が変わったこともあり年の差はそのまま断絶の深さになっているように思う。渡辺京二は1930年生まれで、発売当時71歳。どんな話になるんだろう。

女子学生たちは「看護師や介護士の給料が低い理由」や「帰国子女が失ったもの」など、わたしの世代から見てもあまり話題にならなかったことを研究している。それはわたしたちの偏見があるからで、インターネットが生まれた頃から使える世代は過去の知識の蓄積を得る機会が少ない代わりに、インターネットで偏りのない情報を入手することができるのかもしれない。わたしは自律神経失調症という病を大学を卒業する頃になってようやく耳にして、もしかしたら自分もそうだったのかも、と振り返るくらい。発達障害やアスペルガー症候群という言葉はまだなかった。そういうことを医療現場で働くわけでもないのに研究するお茶の水女子大の学生たちは、わたしなんかよりずっと進んだ考え方なのだなあと思う。

一方で研究はしても生活はまた別の話で、いい会社に入っても社会に出たばかりで迷いがあり、吹っ切れてしまうには頭が良すぎるように見えた。でも、そういう気持ちとそこからの視点は年を取っても持ち続けたいですよね。社会にゲーゴーするのはいつだってできるけど、自分が気づいた視点は忙しさにかまけてなくしてしまうことも多い。そんなことがないように、若い人は渡辺京二のような賢者に会う機会があればいいのに。本一冊で終わってしまうなんてもったいない。

渡辺京二は大連で育ち日本と少し相容れないところがあるという話はおもしろく、個人的には「じめじめしているから苔は嫌い」という話にびっくり。それが大陸的と言われればそれまでだけど……。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

2014年12月の読書

12月なので冬の本が多いし、ロシア方面に偏りはじめた。 ※画像と本文は関係ありません 2014年12月の読書メーター読んだ本の数:7冊読んだページ数:1940ページナイス数:119ナイス 巨匠とマルガ …

2014年ノーベル文学賞のパトリック・モディアーノのAmazon古書価

タイトル通り、受賞後1時間の古書価経過を追ってみました。観測漏れもありますが、気になさらず。 10/9 20:10 10/9 20:20 10/9 20:30 10/9 20:40 10/9 20:5 …

第49回読書会 閻連科『炸裂志』

炸裂志 中国人作家を取り上げるのは初めての試み。当日までに課題図書と話題になった『愉楽』を読んでおけばいいかなとのんびりしていたら、訳者の泉様から連絡がありご参加いただけることになりびっくり。とても気 …

no image

三橋一夫『鉄拳息子』への道 その1

三橋一夫は昭和にユーモア小説を書いていたが、後になぜか健康法について数々の本を出している不思議な作家。どうも本人が武術を嗜んでいたらしく、その流れで健康法について書き出したらしい。 しかし、三橋一夫に …

no image

『ナボコフ全短篇』を全部読む試み――「ラ・ヴェネツィアーナ」――

ここまで4篇読んできた『ナボコフ全短篇』はもちろんどれも粒ぞろいではあるのだが、この「ラ・ヴェネツィアーナ」は頭ひとつ抜けていると言えるだろう。そしてナボコフを「幻想作家」と呼ぶことが許されるのも本作 …