若い人と年輩の人が出会って生まれる火花:『女子学生、渡辺京二に会いに行く』

book

言われてみれば石牟礼道子に関係して名前を見たことがあったかな、くらいの認識だった著者。手に取ったのは荻原魚雷『書生の処世』(本のチョイスがわたしの見落としているものばかりでよかった)がきっかけでずいぶんほめているし、著者と女子学生はだいぶ年の差がある。むかしは長老に教えを請うというスタイルがあったけれども、現代は家族の形が変わったこともあり年の差はそのまま断絶の深さになっているように思う。渡辺京二は1930年生まれで、発売当時71歳。どんな話になるんだろう。

女子学生たちは「看護師や介護士の給料が低い理由」や「帰国子女が失ったもの」など、わたしの世代から見てもあまり話題にならなかったことを研究している。それはわたしたちの偏見があるからで、インターネットが生まれた頃から使える世代は過去の知識の蓄積を得る機会が少ない代わりに、インターネットで偏りのない情報を入手することができるのかもしれない。わたしは自律神経失調症という病を大学を卒業する頃になってようやく耳にして、もしかしたら自分もそうだったのかも、と振り返るくらい。発達障害やアスペルガー症候群という言葉はまだなかった。そういうことを医療現場で働くわけでもないのに研究するお茶の水女子大の学生たちは、わたしなんかよりずっと進んだ考え方なのだなあと思う。

一方で研究はしても生活はまた別の話で、いい会社に入っても社会に出たばかりで迷いがあり、吹っ切れてしまうには頭が良すぎるように見えた。でも、そういう気持ちとそこからの視点は年を取っても持ち続けたいですよね。社会にゲーゴーするのはいつだってできるけど、自分が気づいた視点は忙しさにかまけてなくしてしまうことも多い。そんなことがないように、若い人は渡辺京二のような賢者に会う機会があればいいのに。本一冊で終わってしまうなんてもったいない。

渡辺京二は大連で育ち日本と少し相容れないところがあるという話はおもしろく、個人的には「じめじめしているから苔は嫌い」という話にびっくり。それが大陸的と言われればそれまでだけど……。

コメント