苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes

岡山コケの会観察会@鎌倉に参加しました

投稿日:2018年5月15日 更新日:


日本の首都は東京ですが、コケの世界における日本の首都は岡山かもしれません。歴史的にはいろいろな大学でコケの研究が行われてきましたが、岡山で一般の人がコケについて学ぼうとしたことが「岡山コケの会」の発端だったようです。

1992年10月に、コケ屋の親睦と情報交換、またコケ知識の普及と研究の支援を目的として、岡山在住の日本蘚苔類学会会員を中心に、発足しました。

岡山コケの会に記載されている通り、コケに興味がある人ならどなたでも入会可能です。岡山だけでなく東京でもコケに関する知識を集めたいとする人たちによって、岡山コケの会関東支部が発足し、年に数回観察会が行われています。今年の観察スポットは鎌倉で、折しも鎌倉苔展が行われている真っ最中。参加者は会場の苔むすびに集合して苔展を堪能してから、観察会へ出発です。ご案内は蘚類に詳しい木口先生。

鎌倉苔展では関西からMosslight-LEDがやってきました

鎌倉苔展では関西からMosslight-LEDがやってきました

観察スポットは鎌倉の中心地から離れた朝夷奈切通。わたしも以前行ったことがあり真夏の蚊と脱水症状で散々な目に遭いました。今回も5月半ばですでに蚊が出ていましたので、虫除けスプレーは早いうちから必須なようです。

朝夷奈切通

朝夷奈切通

バスを下りてからすぐにみんなで壁に張り付きます。壁にいるのはホソオカムラゴケ(Okamuraea brachydictyon)。各自ルーペやカメラで調べつつ、先生が携帯顕微鏡ファーブルを取り出して細かい部分まで見えるようにしてくれます。加えてホワイトボードに特徴を書いてくださるので、図鑑などで分からないところを丁寧に解説してもらえるのがありがたい。図鑑だと野外で見る時の話と顕微鏡で見る時の話の両方が並列して書かれているので、自分の状況に応じてどれが必要な情報なのか見極める必要があり、それが往々にしてまちがっているのです。1人だと分からないことも、先生のイラスト付き解説があるととても分かりやすい。とはいえ、蘚類の、特にアオギヌゴケの仲間や近い種類は教わっても見分けるのが大変。葉の細胞の出っ張りが上にあるか真ん中にあるかで識別するとか、顕微鏡がないと無理です、というものも。

廃仏毀釈で顔が削られた観音様の近くにはエビゴケ

廃仏毀釈で顔が削られた観音様の近くにはエビゴケ

徐々に緑が濃くなって両脇の岩がせり出してきます。ここが朝夷奈切通。ここでは関東の石灰岩地域に特有で絶滅危惧種I類のダンダンゴケ(Euclαdium verticillatum )を見ることができます。絶滅危惧種とは思えないほど壁一面にびっしりと生えていますが、神奈川や千葉、福岡の一部でしか見つかっていないのです。ちなみにダンダンゴケの「ダンダン」は葉の周囲がダンダンになっているせいだとか。ポンポンゴケとかゴロゴロゴケとかかわいい名前の苔が増えると覚えやすいかも。

壁一面にダンダンゴケ

壁一面にダンダンゴケ

朝夷奈切通の奥には熊野神社があります。ここで昼食休憩。灯籠の下部にはこのあたりに目立つエビゴケのほか、ツボミゴケの仲間などもいて苔類派のわたしは大興奮。さらにオレンジ色のマメホコリ(Lycogala epidendrum)らしき変形菌も。鎌倉の駅周辺からバスで10分程度と想像できないくらい豊かな森で、一日中いても飽きませんが、残念ながらこの日は昼過ぎから大雨に変わり、ほうほうの体で駅へ戻ることになりました。3月は大雪、5月は大雨と、最近のわたしは雲を引き連れてきてしまうようです。

熟したものとフレッシュなもの両方ともマメホコリ?

熟したものとフレッシュなもの両方ともマメホコリ?

アブラゴケだと信じていたのにツガゴケだと知るショック:これは先細っているのでアブラゴケ

アブラゴケだと信じていたのにツガゴケだと知るショック:これは先細っているのでアブラゴケ

普段見ないコケに着目してじっくり見て・学べるオカモス観察会、これからも回数が増えてより多くの人が参加できるといいなと思います。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes
-

執筆者:


  1. ayako より:

    鎌倉の苔観察会ではお世話になりました。途中から山の中で大雨となりましたが、私は久しぶりの体験となりました。ジャゴケを素手では苦手ですけど沢沿いのジャゴケがとても気になっていました。
    ダンダンゴケは、厚みのあるモフモフした感触でまた触りと思いました。また何処かの観察会にてお会いした際には宜しくお願い致します。

  2. uporeke より:

    コメントありがとうございます!
    ジャゴケはちょっと不穏な感じしますよね……。裏に何か蠢いていそうな。
    今度は適度な湿度の観察会になるといいですね。またよろしくお願いします!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

苔観察には3段階ある。肉眼、ルーペ、そして……とうとう第3ステージに進んでしまう

苔観察には3つの段階がある 上野にある国立科学博物館では、毎週末「研究者によるディスカバリートーク」という講義が行われています。こちらで2ヶ月に1回の割合で苔界の第一人者樋口先生が「コケの生き方を考え …

クラマゴケモドキだと思ったらツジベゴヘイゴケ(Tuzibeanthus chinensis)

地衣類や藻類は緑色でも苔ではない、というように苔の本の冒頭には苔の特徴と似ている植物がよく取り上げられる。苔について知るにはどうしても苔(蘚苔類)でないものを排除するのが先決です。そんな中で苔ではない …

東京の西の果て、あきる野市で立派な樫の木と美しいカサゴケモドキを見てきました

11月も更けていく時期になると、山へ行っても茸や粘菌はなかなか見つからない。でも、苔の中には蒴を出して冬を越す種もあるという。不思議だ。胞子を出す器官を作ったまま越冬したら、なんとなく器官ごと冬の寒さ …

苔観察日記:伊豆大島に苔はあるのか? その1

伊豆大島に苔はあるのか? 暇な時間があるとGoogleマップで道をたどり、苔がありそうなところを調べている。しかし、伊豆大島を見ていてもあまり苔がありそうな感触がない。加えて、伊豆大島の苔に関する論文 …

苔観察日記:山梨県某所は苔よりも茸がいっぱい

8月になると関東近辺の山はさすがに暑い。木陰で渓流が流れていると涼しく感じられるところもあるけれど、それほど標高が高いわけではないので、場合によっては平地と変わらないところも多い。台風やにわか雨があれ …