苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book

ジェームズ・W・ヤング『アイデアのつくり方』は50年たっても色あせない名著

投稿日:


Webサイトを更新しようと思っても、ついつい後回しになってしまう。仕事や毎日の家事を優先してやってしまうと、記事を書く余力が残っていないのだ。だとしたら、先に記事を書いて後で仕事をすればいい。何年もサイトをやっていてようやくそのことに気がつけたが、続けられるかは別の話。仕事よりも先に手を付けることが肝心だと思うので、地道に毎日続けていきたい。帰宅するとお酒を呑んでしまうのもダメなポイントだが、こればかりは改める気持ちはさらさらない。

赤い酔星。

海外文学や苔がこのサイトの中心だけれども、日本酒やビールは毎日のように呑んでいるし、料理はストレス解消になるほど楽しく作っている。そういうことも気軽に書いていけるようになりたい。本も海外文学より和歌や詩について読むことが多くなっている(ただし、理解したり大きな感銘を受けたりすることは少ない。理解したい、感動したい気持ちが先になっていて、髄という部分を捕まえることはまだまだできそうにない。詩は自分で作らないとおもしろさが分からないものなのかな?)。あと、仕事に関してはずっと自己流なので、本から学ぶことも多い。最近読んだ本で特に良かったのは一部には古典的名作と称されているジェームズ・W・ヤング『アイデアのつくり方』。Webデザインやディレクター界隈で取り上げられることが多いように思うけど、けっこう古い本が今の時代に通用するのかと半信半疑でした。

本文は65ページ程度しかない短いもので、内容も
(1)資料を集める
(2)資料を咀嚼する
(3)資料を組み合わせる
(4)アイデアの発見
(5)アイデアのチェック
をごくシンプルに書いているだけ。それでも、この流れにきちんと乗らずに(4)アイデアの発見にいたろうとする無謀な考え方をよくやってしまう。

「(1)資料を集める」にしても、どれだけ集めれば正しいアイデアにたどり着くのかは分からない。自分の蓄積がそれなりにあれば少しの資料で済むのかもしれないけど、自分の蓄積を信じられなかったらいつまでも資料を集めてばかりのような気もする。その結果、資料を集めることが目的になって(2)資料を咀嚼するの時間が足りなくなるかもしれない。

多過ぎてもいけないし、少なくても足りない。本書とその解説では、資料をごはんに喩えている。ごはんの材料を集めないことには食事をすることはできないし、ごはんを咀嚼(2)して、ごはんを消化(3)しなければ、人間として活動(4)することができない。さらに毎日マクドナルドばかりでは栄養が偏るので野菜もちゃんと摂取しているか確認しないと(5)いけない。アイデアは人間のようなものと考えると、(5)はさらに独り立ちしてアイデア自体が学んでいく過程と捉えることになるようだ。せっかくのアイデアを箱入り娘のようにしまいこんでおいては独りよがりなもので終わってしまいがちなので、できたアイデアは形にして人の目に触れるようにする。それによって少し恥ずかしいところもあるけれど、くり返していくことで羞恥心は消え、形になったアイデアが独り立ちしていく様子を見ることができて、その方がずっとうれしくなるようだ。

出版や編集に携わってしばらくたつけれども、わたし自身は本をものそうという気持ちがあまりなく、読むこと一辺倒で過ごしてきたが、こういう本を読むと自分でも何か形にしたいという気持ちが湧き上がる。誰かの役に立つようなものになればいいのだけど、今のところは仕事で使うにとどめる感じ。いずれ苔の写真はまとまった形にしてみたいけど……

ad02

ad01




ad02

ad01




-book

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

文学を読む本

学校できちんと学んでいないせいで、自分の読書経験には偏りがある。日本も西洋も文学の古典といわれるところをほとんど読んでいない。岩波文庫の赤い背とか、英国女流文学とか。そもそもシェイクスピアなんて触った …

10月に読んだ本

あんまり読んでいないのは人生に迷っているからである。 2014年10月の読書メーター読んだ本の数:3冊読んだページ数:1112ページナイス数:54ナイス 別荘 (ロス・クラシコス)の感想ドノソとの相性 …

no image

ナボコフ『賜物』(河出書房新社)

ナボコフの魅力を他人に伝えるのが難しい。ボルヘスなどと並んで「これさえ読めば海外文学通を気取れる」名声を持った作家だが、そう言われるには理由があり、それでも伝わりにくいのは、物語のあらすじではまとめら …

no image

レイナルド・アレナスのインタビュー@現代詩手帖1986年3月号 その3

その2からの続きです。 パディーリャ事件の当日、アレナス他著述家たちはすべて発表を聞くように義務づけられていた。 従わねばならない規範があると言われました。つまり、完全に体制べったりの文化政策であって …

2017年3月に読んだ本はアンソニー・ドーアをはじめ良書揃い(某上下巻を除く)

3月の読書メーター読んだ本の数:11読んだページ数:3875ナイス数:223 すべての見えない光 (新潮クレスト・ブックス)の感想天才理系少年と盲目の少女がラジオの音で結ばれる。ありきたりだと笑わば笑 …