苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book

詩は読めないけど持ち続ける

投稿日:


#あなたの本棚のあいうえお」タグを見て我が家はどうかなと本棚の前に行くと、辻征夫が眼に入った。『かぜのひきかた』『河口眺望』『かんたんな混沌』と、「か」から始まる本ばかり。『鶯─こどもとさむらいの16篇』は買わずじまいだったなあと思い出しながら何気なくめくりはじめた。

大学生当時、今から考えると精神的におかしくなっていて、喧嘩ぱやいし将来のことを何も考えられなくて授業にもほとんど出られなかった。何より高校時代まで1日数冊くらいの速度で本を読めていたのに、さっぱり読めなくなったことは、学生として致命的だった。橋本治やら宮本輝やら売れ筋の本を図書館でさくさくと読んでいった自分はどこに行ったのだろうと途方に暮れ、麻雀に耽溺していくのである。

高校時代から詩は苦手だった。宮沢賢治『春と修羅』ランボーの詩集を手にとってみたものの、何が描かれているのかさっぱり理解できず、とはいえ投げ出してしまうのもいやで、嫌いなのに所有し続けていた(高校時代の倍くらい生き延びてしまったが未だに理解できないと思う)。進学しても詩に苦手意識は持ち続けていたが、池袋の今は亡きぽえむ・ぱろうるで偶然手に取ったのが辻征夫『かぜのひきかた』だった。後になれば随分有名になった詩だけれども「こころがうすくとおくたなびいて」あたりには、美しさと共感を素直に感じたものです。それを恩というのか、未だに当時買った辻征夫の本は処分していないし、死ぬまで本棚のいい所を確保し続けることでしょう。

詩に凭りかかることができるようになったのは、それでもここ数年で、詩なんて基本的にさっぱり理解できないまま過ごしてきてしまった(専攻は現代詩だったのに!)。今でも詩が分かる、短歌が分かるなんてとうてい言えないけれども、詩はそうやって分からないまま寄り添って過ごしていくようなものと割り切るようになってきた。特に古今集から新古今集にかけて似たような景色やありふれた喜怒哀楽を、言葉を彫託して歌にするという行為を眺めていると、それぞれの言葉に背景があって約束ごとを知るたびに少しずつ風景や感情が浮かび上がってくる。言葉を言い切らずに読む人に任せるというか、受け取る人の経験に委ねる言葉の連なりがあっていいのだという肯定感が、正しさで窮屈になってしまう身に涼しい風を送り込んでくれるようだ。いろいろ諦めてきた人生だったけど、本を読むことだけは諦めなかった。その1点だけで人生悪くなかったんじゃないかと思うし、偶然ぽえむ・ぱろうるに立ち寄って偶然辻征夫を手に取ったところで、わたしの人生は決まっていたのかもしれません。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

今日の本棚

来週のソローキン『青い脂』読書会に向けて、地味に読了。最後は確かに感動するというかアホなんですが、全体を通してロシア人はタフで、わたしなんかが住もうとしたら3日で体を悪くしたり誘拐拷問されてあっという …

第46回読書部 スティーブ・エリクソン『Xのアーチ』

Xのアーチ (集英社文庫) 今回の参加者は13名。本来であればエリクソンでも評価の高い『黒い時計の旅』にすればよかったけど、新刊の文庫を敢えて選ぶ。そもそも、スティーブ・エリクソンは別の作品の登場人物 …

「驚くべきリアル」展から古本ソロツアー

スペインだとゴヤやピカソなど有名な名前が思い浮かぶが、ラテンアメリカの美術となるとフリーダ・カーロくらいしか思い浮かばない。 そんな貧困な自分の美術認識を改めるべく、東京都現代美術館へ。 ラテンアメリ …

no image

第32回読書会ギュンター・グラス『ブリキの太鼓』

第32回読書会課題図書はギュンター・グラス『ブリキの太鼓』(講談社文庫)で開催します。 日時は7/20(土)に13時から都内某所にて。参加者へ個別に詳細を連絡いたします。 参加表明はこの記事のコメント …

no image

三橋一夫『鉄拳息子』への道 その2

三橋一夫『鉄拳息子』。分かっているのだ、たいした話ではないことは。どうせ九州から上京して大学に入った足柄金太郎(かねたろう)が、ラグビー部に入って鉄拳を使って活躍するくらいのものだ。強烈な表紙も単に蕎 …