苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes

鎌倉の苔むすびに行ってきた

投稿日:


鎌倉にある苔むすびさんが実店舗をはじめると聞いたので、オープン初日にうかがってきました。

鎌倉駅から歩いてちょっとなんですが、何せ神奈川に足を踏み入れることが年に数回という身では、鎌倉駅のどこから歩けばいいのか分からなくなってしまうので備忘録として。

鎌倉駅西口

鎌倉駅西口

鎌倉駅西口を出るとスーパーマーケットのKINOKUNIYAが見えます。いかにも鎌倉という風情。ここを左折して海岸を目指します。御成小学校や図書館を過ぎて五叉路の交差点へ。むかし銀行だったという有名なバー「The Bank」があるので、銀行を向いた状態から左折。

The Bankを正面に見て左折

ここは琵琶小路というのかな? 直進すると「Toy gun shop Tsuge」の青い看板が見えてくるので、ここを越えて左折。細い道なので見落とさないように。

苔むすび最後の曲がり角

1分も歩かずに右手に古民家風の建物が見えてきます。左手の扉にロゴマークがあるからもう安心。右側は「かたをか」という別のお店でした。店内でつながっているぞ!

苔むすび外観

苔むすび外観

Twitterで写真は見ていましたが改めて見ると屋内でこんなにきれいに苔が育つことにびっくりします。その辺の苔玉とはちがう、特別な植え方をされているし、購入後に苔の具合が悪くなったら相談にのってもらえるそうですよ。

こちらは非売品(だと思う)の苔

こちらは非売品(だと思う)の苔

神奈川県唯一(!?)のミズゴケ湿原

神奈川県唯一(!?)のミズゴケ湿原

店内には小さなポットに入った苔も多数販売されています。店主がいるときはお茶もいただけるようなので、鎌倉に立ち寄った際にはぜひ。開店日は不定期のようなので、Twitterなどで確認してから行きましょう。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

苔観察日記 奥多摩湖周辺

土曜日、新宿駅11番線、6:44。奥多摩へ直行する快速に乗ろうと、カラフルなダウンジャケットを着込んだ登山客がプラットフォームに並ぶ。ここではスーツは場違い。寒さが和らいだとはいえ、3月上旬で最高気温 …

2016年、わたしの苔活動

2016年もいい苔をたくさん見ることができました。見始めてから2年もたつとそれなりに分かってくるもので、どういう山にどんな苔がいるのかおおよそ分かるような気がします(関東近辺のみ)。それでも日本蘚苔類 …

クラマゴケモドキだと思ったらツジベゴヘイゴケ(Tuzibeanthus chinensis)

地衣類や藻類は緑色でも苔ではない、というように苔の本の冒頭には苔の特徴と似ている植物がよく取り上げられる。苔について知るにはどうしても苔(蘚苔類)でないものを排除するのが先決です。そんな中で苔ではない …

ニスビキカヤゴケ(Porella vernicosa)に出会えた喜び

ニスを引いたようにつやつやしているのでニスビキカヤゴケ。カヤは何の意味だろう……? ニスビキカヤゴケ 先日出たばかりの『知りたい 会いたい 特徴がよくわかる コケ図鑑』でも「初心者にもわかりやすいコケ …

風にそよぐキヨスミイトゴケ(Barbella flagellifera)

木の枝などにぶらさがり、風にそよぐキヨスミイトゴケ。見慣れなければ葉の一部として見過ごしてしまいそうだけど、一度気づくと嬉しくなりそれからはずっと探してしまう。名前の通り細く糸のように絡まり、樹木だけ …