苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book

2017年12月に読んだ本

投稿日:


12月はなんだかんだで忙しく、冊数は少なめ。でも、去年1年でみると目標の100冊にはマンガなどを含めてなんとか到達したのでよしとしたい。

でも、本を読んで何になるんだというのはふとした拍子に思う。数の問題ではなく、よい本に出会えたかどうか、そこから自分が何を引き出せて何を自分のものにしたかが大切なのです。数を読むことで読書力の経験値も上がるから悪いことではないはずなんだけど、ふとした虚しさばかりはどうしようもない。

12月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1418
ナイス数:118

聖ヨハネ病院にて (新潮文庫)聖ヨハネ病院にて (新潮文庫)感想
露悪的な私小説は苦手。でも上林暁の小説は私小説でありながら僅かな客観性と笑いを含んでいるところが好き。本作は妻が貧しさなどの環境故に精神病院に入ってしまうことになるので、著者の作品の中では最も露悪的と言えるかも。寝ていると四国に遠く離れて暮らす長男の寝小便の音がじょじょじょと聞こえる「小便小僧」などはこのテーマに固執しなければマジックリアリズムの趣さえある、侘しさの塊。まあ、ろくに働いていないダメ人間と言えばそれまでなのだけど、それでもこの小説群が好きだと言わせる優しさと哀しさと無力感の描写がいいのです。
読了日:12月24日 著者:上林 暁
大霊界の真実―この真実を知ればもう死は恐くない! (カドカワブックス)大霊界の真実―この真実を知ればもう死は恐くない! (カドカワブックス)感想
おれたちは霊人になるために徳を積まねばならないから、この真実を読まなければいけない。脳死は死ではない、幽体離脱を伴って初めて死と認めるべきという新説、誰が判定すんねん。最初の霊界はイージーだけど、次の酒池肉林霊界では自分の欲を全て捨てきってないと人間界に返されてしまうそうなので、現世に思い残しがある方は第二の霊界で酒池肉林に溺れてください。ケネディ暗殺直後に生まれたドイツ人がホワイトハウスの中身を全て知っていて、ジャクリーヌとのプライベートをも言いつのった話が趣深く、わたしも大霊界に行ける様精進します。
読了日:12月23日 著者:丹波 哲郎
モモ (岩波少年文庫(127))モモ (岩波少年文庫(127))感想
幼少時からこんなすてきな本を読んできた人に読書レベルでかなうはずがない。効率を追い求めている平成の日本人は灰色紳士たちに時間を預けてしまったのかもね。大人も夢中になれる名作というか、大人ほど忘れてしまった豊かな時間を取り戻すために読むべき。
読了日:12月20日 著者:ミヒャエル・エンデ
至福の烙印 (エクス・リブリス)至福の烙印 (エクス・リブリス)感想
モノクロ油絵の挿絵はゼーバルト、文体はクレストブックスぽさを一見感じさせるけれども、静かで静謐ではない現実を隠して、古いモノクロ写真集を眺めているような、語られない背景を隠した物語。感情的な言葉がほとんど使われないのは、語り手の周囲が障害者や重篤な病人だったりして、世界を恨む言葉も持たないのかもしれない。P.197をはじめとした野心的かつ丁寧な翻訳も特筆すべき。「詩的」と一言で片付けられない世界の広がりを体験できる希有な一冊です。
読了日:12月10日 著者:クラウス・メルツ
拳闘士の休息 (河出文庫 シ 7-1)拳闘士の休息 (河出文庫 シ 7-1)感想
『ジーザス・サン』『世界の涯てまで犬たちと』に連なるダメ人間傑作選。いろいろやってみるんだけどぼんくらだから失敗しちゃうんだけど、努力の方向が憎めない。本当に好きなんです、こういう話。特に序盤のベトナム戦争を舞台にした話がひどいんだけど、全員なにかしら癖があって、どれもみな愛せてしまう。周囲にいたら絶対いやだけど小説に出てくると嫌いになれない。これは上記2冊とともに死ぬまで愛読していきたい。
読了日:12月03日 著者:トム・ジョーンズ

読書メーター

ad02

ad01




ad02

ad01




-book

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

フリオ・コルタサル『海に投げこまれた瓶』(白水社)

海に投げこまれた瓶 posted with amazlet at 12.05.06 フリオ コルタサル フリオ・コルタサル 白水社 売り上げランキング: 850272 Amazon.co.jp で詳細 …

『コケの生物学』(研成社)は難しい! でも、苔をもっと知りたい人は必須

苔に接するようになって分かったのは、資料がとても入手しづらいこと。文学関連だと過去に研究している人がたくさんいるから学会も複数あったり冊子になっているものもたくさんある。苔はそもそも書籍自体がとても少 …

no image

ナボコフ先生の視点をインストール

セサル・アイラ『わたしの物語』では正体不明の人物の語りを楽しみ、『2666』ではいつ終わるともしれないページ数と細く辿れる人物の関連に眼を細めたりした。しかし、どうも自分が欲している物語の形とは異なる …

2015年のベスト

例年読むのが遅くて年間ベスト10冊を選ぶのが大変だというのに、今年は苔にはまったせいですっかり小説を読む時間が削られた。実質半分くらいか。それでもすごくおもしろい小説に出会えたのは幸福だし、今までの自 …

no image

「世界文学とは何か?」デイヴィッド・ダムロッシュ、池澤夏樹+柴田元幸、沼野充義、野谷文昭

東京大学で開かれた「世界文学とは何か?」を聴講してきた。 まず「世界文学とは何か?」の著者ダムロッシュ氏からは日本語で書かれたテキストを渡され、それに沿って氏が話していく。まずは、杜甫「旅夜書懐」・芭 …