苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book 読書部

第55回読書部活動ハサン・ブラーシム『死体展覧会』(白水社エクス・リブリス)

投稿日:


去年は読書部の活動報告をすっかりさぼっていたので、今回の読書会が何回目か忘れてしまいましたが、たぶん55回目です。

今回の課題図書ハサン・ブラーシム『死体展覧会』はまったく素性の知れない中東の作家ということで身構えていたのですが、読み始めると残酷な描写はそれほど緻密ではないものの、日常にある死の密度というか死の近さが印象的な作品でした。短篇集ということもあり、ボルヘスやコルタサル、筒井康隆などを彷彿される方も。

参加者からのご意見は以下のようなものでした。
※ネタバレを含みますのでご注意ください。

・イスラムについてよく分からない。イスラム教に従って生き、テロなどもある地域というくらい。
・作中に「神」があまり出てこない、「神」を言い訳に使っている(現代のイスラム教の受容状況も気になります)。
・2017のベストだけど、面白かったと一言で言えない。
・本の前半は暴力、中盤はイラク、後半は移民としてヨーロッパに渡った人の話とテーマが分かれている。
・中東の現実をリアルに描き出すわけではなく、着地点も明確に記されていない。
・NHK「ねほりんぱほりん」の養子の回に感じた、ふつうのことがふつうでない人たちの声に近い。
・暴力に関する感想を書かないのでグロさが少ない。痛みや悲しみの描写が直接的ではないのもウェットさを感じない理由。
・作中で人々はひどいことをされるけれども、受難の理由がわからないのは読んでいてつらい。
などなど。

好きな作品としてあがったのは、「カルロス・フエンテスの悪夢(『指輪物語』!)」「アラビアン・ナイフ」「記録と現実」が多かった。冒頭の表題作はかなり残酷な話なので、未読の方はこの辺りから順番を変えて読んでもいいかもしれません。

関連書というか本書から連想する本として上がったのは、『ペルセポリス』、いとうせいこう『想像ラジオ』、J・G・バラード『残虐行為展覧会』などもありました。

次回読書会は3月10日(土)13時からで、課題図書はこれからTwitterの投票機能で決めます。次回はピンチョン縛りでやってみることに……。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book, 読書部
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

第34回読書会はピーター・ディキンスン『生ける屍』です

日付:2014年5月18日(日) 場所:東京都内某所 時間:13時〜17時 底本はちくま文庫版とします。サンリオSF版でも結構ですが、ノンブルの場所などで話をする際に齟齬が生じる場合があります。 参加 …

気になる本『カラー完全版 日本食材百科事典』(講談社プラスアルファ文庫)

カラ-完全版 日本食材百科事典 (講談社プラスアルファ文庫) 古本屋で見つけて立ち読みしてみたら、香菜の項目に知らない食材が2種類も載っていたので、参考に持っておきたい。 カラ-完全版 日本食材百科事 …

第43回読書部 レオ・ペルッツ『第三の魔弾』

読書部は隔月で「1人ではなんとなく読む気にならないけど、他人の意見は気になる」本について集まってお話する会です。今回の課題図書はレオ・ペルッツ『第三の魔弾』。1915年のドイツ文学ということで、区切り …

no image

歯止め

いま読んでいる『スターリン―赤い皇帝と廷臣たち〈上〉』では、スターリンと彼の取り巻きたちがまるで部活のように政治に関わって殺し殺されする様子が語られる。彼が農民を敵視して数百万人を餓死に追い込んだ理由 …

no image

推敲した先にあるもの

わたしは基本的にインターネットで書く文章を推敲することはない。一応読み返しはするし、直しもするが、推敲というレベルではないと思う。推敲というのは例えば大江健三郎が初稿からほとんど書きなおすという話。ゲ …