苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book 読書部

第55回読書部活動ハサン・ブラーシム『死体展覧会』(白水社エクス・リブリス)

投稿日:


去年は読書部の活動報告をすっかりさぼっていたので、今回の読書会が何回目か忘れてしまいましたが、たぶん55回目です。

今回の課題図書ハサン・ブラーシム『死体展覧会』はまったく素性の知れない中東の作家ということで身構えていたのですが、読み始めると残酷な描写はそれほど緻密ではないものの、日常にある死の密度というか死の近さが印象的な作品でした。短篇集ということもあり、ボルヘスやコルタサル、筒井康隆などを彷彿される方も。

参加者からのご意見は以下のようなものでした。
※ネタバレを含みますのでご注意ください。

・イスラムについてよく分からない。イスラム教に従って生き、テロなどもある地域というくらい。
・作中に「神」があまり出てこない、「神」を言い訳に使っている(現代のイスラム教の受容状況も気になります)。
・2017のベストだけど、面白かったと一言で言えない。
・本の前半は暴力、中盤はイラク、後半は移民としてヨーロッパに渡った人の話とテーマが分かれている。
・中東の現実をリアルに描き出すわけではなく、着地点も明確に記されていない。
・NHK「ねほりんぱほりん」の養子の回に感じた、ふつうのことがふつうでない人たちの声に近い。
・暴力に関する感想を書かないのでグロさが少ない。痛みや悲しみの描写が直接的ではないのもウェットさを感じない理由。
・作中で人々はひどいことをされるけれども、受難の理由がわからないのは読んでいてつらい。
などなど。

好きな作品としてあがったのは、「カルロス・フエンテスの悪夢(『指輪物語』!)」「アラビアン・ナイフ」「記録と現実」が多かった。冒頭の表題作はかなり残酷な話なので、未読の方はこの辺りから順番を変えて読んでもいいかもしれません。

関連書というか本書から連想する本として上がったのは、『ペルセポリス』、いとうせいこう『想像ラジオ』、J・G・バラード『残虐行為展覧会』などもありました。

次回読書会は3月10日(土)13時からで、課題図書はこれからTwitterの投票機能で決めます。次回はピンチョン縛りでやってみることに……。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book, 読書部
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

「世界文学とは何か?」デイヴィッド・ダムロッシュ、池澤夏樹+柴田元幸、沼野充義、野谷文昭

東京大学で開かれた「世界文学とは何か?」を聴講してきた。 まず「世界文学とは何か?」の著者ダムロッシュ氏からは日本語で書かれたテキストを渡され、それに沿って氏が話していく。まずは、杜甫「旅夜書懐」・芭 …

no image

ローラン・ビネ『HHhH プラハ、1942年』(東京創元社)

今年のはじめに読んだ『マウス―アウシュヴィッツを生きのびた父親の物語』は、タイトル通りユダヤ人の視点からナチスの迫害を描いた漫画で、晶文社が絶版にしているのが許せないくらいわかりやすくておもしろくて、 …

Kindle Unlimitedやめました

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック 一言で言うと読みたい本の相性が合わなかった。 Kindle Unlimitedが始まって少ししてから加入しました。理由は、書籍に関する仕事をし …

2017年9月24日海外短編読書会のお知らせ

ナボコフ全短篇 パウリーナの思い出に (短篇小説の快楽) 郵便局と蛇: A・E・コッパード短篇集 (ちくま文庫) ジーザス・サン (エクス・リブリス) 隔月で長編の読書会を開催しています(次回は9月9 …

no image

三橋一夫『鉄拳息子』への道 その1

三橋一夫は昭和にユーモア小説を書いていたが、後になぜか健康法について数々の本を出している不思議な作家。どうも本人が武術を嗜んでいたらしく、その流れで健康法について書き出したらしい。 しかし、三橋一夫に …