苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes

「日立中央研究所 秋の庭園公開」に行ってきました

投稿日:


日立中央研究所はJR中央線の国分寺駅から徒歩5分程度。春と秋の年に2回ほど、研究所内の庭園が公開されるのだそうです。研究所は外から見ると雑木林にしか見えないくらい、鬱蒼と木々に覆われています。中はどうなのか、コケ感はいかほどか? 期待半分、寒さ半分でのぞみます。

入ってすぐに森

受付は14:30までとありますが、特段記入することはありません。学校のような研究所の建物を抜けるとかなり広い敷地があり、以前はお寺の方の国分寺の敷地だったとか。木々の名前には詳しくないのですが、桜や梅を始めとして紅葉や楓が赤く色づき、中にはメタセコイアもあったとか(見逃しました)。

紅葉

広い池の周囲を散策

広い芝生の中庭では出店が20件以上出て、地元の野菜やパン、緑茶などいろいろな特産品が売られていました。が、寒くて地べたに座る根性は残っていません。また、敷地内には湧き水があり、大勢の人たちがペットボトル片手に並んでいました。個人的にはそこで汲むよりも青梅や奥多摩の方がおいしそうに思えるのですが……。

コケは、サヤゴケ、コモチイトゴケ、ツヤゴケの仲間、ジャゴケ、アオギヌゴケの仲間など、まずまず庭園の外でも見られるものばかり。木々の葉が生い茂っているせいで日影の場所が広く、必要な日光があまり届いていないようでした。

サヤゴケ

次回公開は桜の盛り2018/4/1。アルコール類持ち込みは禁止のようですが、きっと売店にあるでしょうから、ビール片手に花見といきたいものです。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

細胞がきれいだということ、思い出してください

北八ヶ岳では苔の細胞を顕微鏡で見ることができた。写真は苔類の油体(精油)が見える。 苔類の油体 参加者の中には、顕微鏡を見るのが小・中学校以来という人もいたと思う。最初はPCに出力して、そこからプロジ …

植物なのに動物ぽいイタチゴケ(Leucodon sapporensis)

蘚類と苔類では圧倒的に苔類が好きなのは、苔類は見分けがつきやすいから。蘚類はきれいなんだけど、とにかく見分けがつかない。茎がしっかりしていてとがった葉のタイプばかりで、微妙な葉の大きさや細胞の形の違い …

神奈川県の最乗寺で苔初め

JR小田原駅の観音様を横目に見ながら小田急大雄山線に乗り換えると、箱根への線路とはちがった風景が続きます。意外と言っては失礼ですが、のどかな街が続き、田舎の風情を残しながらも人々が生活している街が多い …

ツボミゴケ(Jungermannia)、かな……?

日本で一番有名な苔はスギゴケでもジャゴケでもなく、実はチャツボミゴケかもしれない。少なくとも地名になっているのはここだけのはず。苔が好きと公言しておきながら、ずっとチャツボミゴケのことを「チャツボ」「 …

苔観察日記 数馬の切通

苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回も上野健先生が企画されている「苔の旅」に随伴させていただき、奥多摩駅から一つ手前の白丸駅周辺をめぐる。山手線圏か …