苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes

「日立中央研究所 秋の庭園公開」に行ってきました

投稿日:


日立中央研究所はJR中央線の国分寺駅から徒歩5分程度。春と秋の年に2回ほど、研究所内の庭園が公開されるのだそうです。研究所は外から見ると雑木林にしか見えないくらい、鬱蒼と木々に覆われています。中はどうなのか、コケ感はいかほどか? 期待半分、寒さ半分でのぞみます。

入ってすぐに森

受付は14:30までとありますが、特段記入することはありません。学校のような研究所の建物を抜けるとかなり広い敷地があり、以前はお寺の方の国分寺の敷地だったとか。木々の名前には詳しくないのですが、桜や梅を始めとして紅葉や楓が赤く色づき、中にはメタセコイアもあったとか(見逃しました)。

紅葉

広い池の周囲を散策

広い芝生の中庭では出店が20件以上出て、地元の野菜やパン、緑茶などいろいろな特産品が売られていました。が、寒くて地べたに座る根性は残っていません。また、敷地内には湧き水があり、大勢の人たちがペットボトル片手に並んでいました。個人的にはそこで汲むよりも青梅や奥多摩の方がおいしそうに思えるのですが……。

コケは、サヤゴケ、コモチイトゴケ、ツヤゴケの仲間、ジャゴケ、アオギヌゴケの仲間など、まずまず庭園の外でも見られるものばかり。木々の葉が生い茂っているせいで日影の場所が広く、必要な日光があまり届いていないようでした。

サヤゴケ

次回公開は桜の盛り2018/4/1。アルコール類持ち込みは禁止のようですが、きっと売店にあるでしょうから、ビール片手に花見といきたいものです。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

苔観察日記 奥多摩

苔湯酒活動と名乗ってきたけど、別に湯にも入らないしメシも食わずに帰ってくることが多くなったので、ふつうに苔観察日記とタイトルを変更。今回は奥多摩駅からバスで10分、歩いて30分の栃寄沢を歩いてきた。こ …

no image

「三重生物」が苔的に熱い

5月の話ですが、国立科学博物館と三重県総合博物館が合同で主催する苔と地衣類の観察会に参加してきました。キャンセル待ちもいたそうですが、今年はすでに3回も国立科学博物館での苔イベントに当選してしまい、す …

苔観察日記 黒山三滝ふたたび 

苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回も埼玉県越生町にある黒山三滝。 池袋から急行に乗り、坂戸駅で乗り換えて終点越生駅で下りるのは7月といっしょ。「お …

東京には苔がない だが温室には苔がある

苔をおもしろいと思ってから初めての冬だ。春・夏・秋と思い立てば自然の苔を見てきたけど、冬はちょっと事情がちがう。 苔は大気汚染に強いハマキゴケやジャゴケなどを除くと、都心にはあまり生息していない。変わ …

苔観察日記 富士山五合目その1

登山をしていた頃から富士山には登りたくなかった。当時は世界遺産になるかならないかという時期だったけど、日本人も海外の人もとにかくたくさんで、登山と言うよりは混雑する観光施設。見たい展覧会でも混んでいる …