苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book

Kindle Unlimitedやめました

投稿日:


一言で言うと読みたい本の相性が合わなかった。

Kindle Unlimitedが始まって少ししてから加入しました。理由は、書籍に関する仕事をしているのでKindle Unlimitedの動向を知っておかねば、という半ば義務感。その間、出版社が認めていないのに読者数の多い本が勝手に取り下げられる事件があったりしましたが、最近は落ち着いてきました。海外文学が好きな層としては、光文社古典新訳文庫が読み放題なのはとてもうれしい。最近だとボンテンペッリが出たのに驚き。コッパードもそうですが、メジャーなタイトルが並ぶ中に時折ぎらりと選球眼の光る本が混じっているとうれしくなります。

あと、ファッションやインテリアなどのライフスタイル関連のムックが入っていることが多い。先日引っ越したときにインテリアを考えるためにかなり読みました。『ぼくたちに、もうモノは必要ない』などはお試し版で読んで、書籍でも読み直しました。

しかし、引っ越して3ヵ月たち、新しい生活が落ち着いてきたところでふと振り返ると、Kindleあまり使っていないという事実。海外文学と苔を中心にすると、Kindle Unlimitedに望むものはないのです。折しもPrime Readingというサービスが始まりました。文春もあるしベルばらもある。プライムサービスに入っているわたしは、Unlimitedまで必要ないと思えました。

あと、Kindle Unlimitedのようなサービスで懸念することに、サービスに依存して自分の読みたいものが決められてしまうことです。Unlimitedの範囲内でしか読む本を決められないと、自分の脳みそが狭まるというか、Unlimitedの他に読むべき本があるはずなのでは、という不安を抱えてしまうように思いました。年に3万冊とも5万冊とも本が出版されている現在、自分が読む本は自分が納得できる本にしたい。限られた時間を生きているわたしにとって、Unlimitedとうたいながら制限された本だけしか選べないKindle Unlimitedはそもそも必要なかったのかもしれません。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

レイナルド・アレナスのインタビュー@現代詩手帖1986年3月号 その3

その2からの続きです。 パディーリャ事件の当日、アレナス他著述家たちはすべて発表を聞くように義務づけられていた。 従わねばならない規範があると言われました。つまり、完全に体制べったりの文化政策であって …

no image

バルガス=リョサに関する出版物

まずは発売されている書籍から。ノーベル文学賞を受賞したにもかかわらず、半分くらいは品切れみたいだ。 『嘘から出たまこと』(現代企画室) amazon 『官能の夢―ドン・リゴベルトの手帖』(マガジンハウ …

第42回読書部 カズオ・イシグロ『忘れられた巨人』

読書部は隔月で「1人ではなんとなく読む気にならないけど、他人の意見は気になる」本について集まってお話する会です。今回の課題図書はカズオ・イシグロ『忘れられた巨人』。実は数年前に前作『わたしを離さないで …

no image

国枝史郎「善悪両面鼠小僧」

21世紀になっていいことはいっぱいあるが、中でも国枝史郎が無料で読めるなんてのはベスト10に入る。 ちょっと前までは文庫といえどもなかなかの古書価であった。 特に横尾忠則の毒々しい色彩の表紙である講談 …

サーシャ・ソコロフ『馬鹿たちの学校』

ノーマークの作家だったが、あとがきによるとナボコフ先生激賞で「うちに来ないか」とお誘いを受けたほどであるらしい。読み始めてみると「」なしの語りが多く、誰だか分からない声が響いてきて不安になる一方、侠気 …