苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book

2017年9月24日海外短編読書会のお知らせ

投稿日:





隔月で長編の読書会を開催しています(次回は9月9日に『キャッチ-22』)。15人以上入れる会議室を準備していますが、参加できない人の声を聞くことが増えてきました。また、Twitterでも投票数を見ると100を越えてくるため、先着順ではなく抽選での読書会があってもいいのかと考えるようになったのが、短編読書会を開催するきっかけです。毎月長編の読書会をやるとわたしの読書量が厳しくなるため、隔月で長編、別の月は短編での読書会ならわたしの苔ライフにも支障をきたさずに続けられそうです。

そのため、次回は9月24日(日)15時より都内某所にて海外文学の短編にて読書会を行うことにしました。現在、Twitterで課題図書のアンケートを行っています。

アンケート終了後、8月24日(木)より参加者を募集します。終了期間は現時点で未定、応募者が途切れてきたら改めて応募終了を告知します。応募者が多い場合は厳正なる抽選とします。抽選結果は9月上旬にはこのサイトならびにTwitterで告知します。

ご投票ならびにご応募お待ちしております。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

2017年4月は騎士団長を殺す作業に振り回された

Haruki Murakamiを読むのは『海辺のカフカ』が出たときに読書会をして以来、通算4冊目くらい。鼻につく感じがどうしてもなじめなくて、人に話を聞いたり解説本を読んだりしたけど、やっぱりどうして …

no image

なんらかの事情によるボルヘス

ガルシア=マルケスの次は当然ボルヘスだ。世界にはボルヘスがたくさんいると思ったが、こちらも思い込んでいたほど見つからないのだった。 まずは日本から。博覧強記の人物はボルヘスに比されて当然なのだが、それ …

no image

ジーン・ウルフ『ピース』人物相関図その5

『ピース』5章「社長」人物相関図 キャロル・ロンバードとか何者。 この章ではP.319の「社長ごっこ」がすべてを台無しにする解釈をもたせていると思うのです。そんなこと言うなよ。 エリオット・ヴェンティ …

no image

ナボコフ『賜物』第1章

池澤夏樹編集の海外文学全集は、これを出したことに最大の意義があったと思う。それまで文庫版がしばらく品切れで相当な高値をつけ、いたずらにナボコフへのハードルをあげてきた戦犯の一冊だ。ナボコフは実際に読ん …

no image

歯止め

いま読んでいる『スターリン―赤い皇帝と廷臣たち〈上〉』では、スターリンと彼の取り巻きたちがまるで部活のように政治に関わって殺し殺されする様子が語られる。彼が農民を敵視して数百万人を餓死に追い込んだ理由 …