苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book

2017年9月24日海外短編読書会のお知らせ

投稿日:





隔月で長編の読書会を開催しています(次回は9月9日に『キャッチ-22』)。15人以上入れる会議室を準備していますが、参加できない人の声を聞くことが増えてきました。また、Twitterでも投票数を見ると100を越えてくるため、先着順ではなく抽選での読書会があってもいいのかと考えるようになったのが、短編読書会を開催するきっかけです。毎月長編の読書会をやるとわたしの読書量が厳しくなるため、隔月で長編、別の月は短編での読書会ならわたしの苔ライフにも支障をきたさずに続けられそうです。

そのため、次回は9月24日(日)15時より都内某所にて海外文学の短編にて読書会を行うことにしました。現在、Twitterで課題図書のアンケートを行っています。

アンケート終了後、8月24日(木)より参加者を募集します。終了期間は現時点で未定、応募者が途切れてきたら改めて応募終了を告知します。応募者が多い場合は厳正なる抽選とします。抽選結果は9月上旬にはこのサイトならびにTwitterで告知します。

ご投票ならびにご応募お待ちしております。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『緑の家』読書会に向けて

1月22日(土)に都内某所でマリオ・バルガス=リョサ『緑の家』を課題図書として読書会を開催します。しかし参加希望者はまだ1名のみ……。この状況をなんとか打破したい。 バルガス=リョサを読むにあたり最も …

no image

バルガス=リョサに関する出版物

まずは発売されている書籍から。ノーベル文学賞を受賞したにもかかわらず、半分くらいは品切れみたいだ。 『嘘から出たまこと』(現代企画室) amazon 『官能の夢―ドン・リゴベルトの手帖』(マガジンハウ …

no image

『プラトーノフ作品集』「粘土砂漠」

ソローキン『青い脂』読書会の日、ソローキンの読書会だというのにすっかりプラトーノフ『土台穴』にはまっていて、集団化のばかばかしい恐ろしさについて熱くなったりした。打ち上げに行く途中の古本屋で岩波文庫か …

2015年4月に読んだ本

4月は梨木香歩の旅行記を読んだので(個人的に)冊数は多い。苔を本格的に見るようになったので、自然を見る目を本から養いたいと考えていたのだった。 2015年4月の読書メーター読んだ本の数:10冊読んだペ …

こちとら江戸っ子、毒蝮フォルスタッフの悪口三昧を楽しむ シェイクスピア『ヘンリー四世 第一部』

ヘンリー四世〈第1部〉 (岩波文庫) あまり作家を好きになるということはなくて、ある作品は好きだけど別の作品はそれほどでもない、ということもそれなりにある。しかし、作家ではなく翻訳者や学者となると、そ …