苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes Microscope

マルバコオイゴケモドキ(Diplophyllum andrewsii)?

投稿日:2017年8月13日 更新日:


某所の樹幹にて。

背葉と腹葉の区別が付かない

かなり小さいです。1cmあるかないか。

背中側その1

こうしてみると葉先が尖っているような。尖り具合によってはミゾゴケモドキ(Scapania cuspiduligera)の可能性もありそうですが、ミゾゴケモドキは国内だと秩父山地しか見つかっていないようなので除去してよさそう。イギリスの信頼できる苔図鑑BBSでもミゾゴケモドキが紹介されていますが、ちょっとちがう感じ。

背側その2

腹側は小さい腹葉がないので、背葉と腹葉はほぼ同じ大きさと思ってよさそう。

腹側

細胞を見てみると小さい油体が4つ程度で、トリゴンはあやふやです。平凡社の図鑑によると「表面がややベルカ状」「葉身細胞はやや厚壁」とありますが、どうかな?

細胞写真

もしマルバコオイゴケモドキだとすると雄と雌が同じ茎に付く「雌雄同株」。さらに「雄苞葉は茎の途中に付き、花被は雄苞葉の直下から出る長い側枝に頂生する」とあります。この白くひょろっと出てるのが側枝なのかな?

雄苞葉の下の側枝?

明確な答えは出ず、消去法でなんとなくマルバコオイゴケモドキという感じです。特に生育していた基部が地面じゃなかったような気がする(いつも記録し忘れます)。小さいから再度会えるかどうか……。でもふわふわで透明感のある複雑な美しさをもつ苔だと思います。かなり好きなタイプ。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes, Microscope
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

バケツ一杯の虫除け

バケツ一杯の空気 (1980年) (サンリオSF文庫) そんなにいらない。 苔観察も暖かくなってだいぶ楽になってきました。寒い時期は霜が下りたり雪が積もった中を歩いたこともあります。何よりありがたいの …

植物なのに動物ぽいイタチゴケ(Leucodon sapporensis)

蘚類と苔類では圧倒的に苔類が好きなのは、苔類は見分けがつきやすいから。蘚類はきれいなんだけど、とにかく見分けがつかない。茎がしっかりしていてとがった葉のタイプばかりで、微妙な葉の大きさや細胞の形の違い …

今年はRubyに再挑戦するつもり

毎年なにかしらに挑戦するようにしているが、例年うまくいった試しがない。去年の苔は、挑戦というよりは願望の現実化という感じで、何かを達成したわけではない。ただ、観察を続けて知識が積み重なっていくだけで、 …

京都へ日帰りで2016苔・こけ・コケ展を見てきました

実は京都へ行ったのは3回だけ(そのうちの1回は修学旅行で、もう1回は京フェス(SF関連))。京フェスの時は覚えていないけど、毎回秋に行っていて毎回すっきり快晴で、今回もそのジンクスは守られた。 車窓か …

苔観察日記:北八ヶ岳はハイレベルな苔の楽園

北八ヶ岳苔の会が主催する観察会に参加してきました。苔を見始めて1年が過ぎ、とうとう聖地の一つにデビュー。正直なところ、こんなに早くデビューするつもりはなかった。たかだか1年で両手の指くらいしか立派な苔 …