苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes Microscope

マルバコオイゴケモドキ(Diplophyllum andrewsii)?

投稿日:2017年8月13日 更新日:


某所の樹幹にて。

背葉と腹葉の区別が付かない

かなり小さいです。1cmあるかないか。

背中側その1

こうしてみると葉先が尖っているような。尖り具合によってはミゾゴケモドキ(Scapania cuspiduligera)の可能性もありそうですが、ミゾゴケモドキは国内だと秩父山地しか見つかっていないようなので除去してよさそう。イギリスの信頼できる苔図鑑BBSでもミゾゴケモドキが紹介されていますが、ちょっとちがう感じ。

背側その2

腹側は小さい腹葉がないので、背葉と腹葉はほぼ同じ大きさと思ってよさそう。

腹側

細胞を見てみると小さい油体が4つ程度で、トリゴンはあやふやです。平凡社の図鑑によると「表面がややベルカ状」「葉身細胞はやや厚壁」とありますが、どうかな?

細胞写真

もしマルバコオイゴケモドキだとすると雄と雌が同じ茎に付く「雌雄同株」。さらに「雄苞葉は茎の途中に付き、花被は雄苞葉の直下から出る長い側枝に頂生する」とあります。この白くひょろっと出てるのが側枝なのかな?

雄苞葉の下の側枝?

明確な答えは出ず、消去法でなんとなくマルバコオイゴケモドキという感じです。特に生育していた基部が地面じゃなかったような気がする(いつも記録し忘れます)。小さいから再度会えるかどうか……。でもふわふわで透明感のある複雑な美しさをもつ苔だと思います。かなり好きなタイプ。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes, Microscope
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

クラマゴケモドキだと思ったらツジベゴヘイゴケ(Tuzibeanthus chinensis)

地衣類や藻類は緑色でも苔ではない、というように苔の本の冒頭には苔の特徴と似ている植物がよく取り上げられる。苔について知るにはどうしても苔(蘚苔類)でないものを排除するのが先決です。そんな中で苔ではない …

神奈川県の最乗寺で苔初め

JR小田原駅の観音様を横目に見ながら小田急大雄山線に乗り換えると、箱根への線路とはちがった風景が続きます。意外と言っては失礼ですが、のどかな街が続き、田舎の風情を残しながらも人々が生活している街が多い …

ツボミゴケ(Jungermannia)、かな……?

日本で一番有名な苔はスギゴケでもジャゴケでもなく、実はチャツボミゴケかもしれない。少なくとも地名になっているのはここだけのはず。苔が好きと公言しておきながら、ずっとチャツボミゴケのことを「チャツボ」「 …

苔観察日記 奥多摩

苔湯酒活動と名乗ってきたけど、別に湯にも入らないしメシも食わずに帰ってくることが多くなったので、ふつうに苔観察日記とタイトルを変更。今回は奥多摩駅からバスで10分、歩いて30分の栃寄沢を歩いてきた。こ …

苔観察日記 奥多摩某所

夏のミズヒキがまだ咲き残っている奥多摩を歩くのは今年3回目。東京といっても、冬になると雪が積もってしまうと苔観察は一時おやすみなので、その前に秋の苔の状態を見ておきたい。いつもは見ない場所で鳶がたくさ …