苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes Microscope

マルバコオイゴケモドキ(Diplophyllum andrewsii)?

投稿日:2017年8月13日 更新日:


某所の樹幹にて。

背葉と腹葉の区別が付かない

かなり小さいです。1cmあるかないか。

背中側その1

こうしてみると葉先が尖っているような。尖り具合によってはミゾゴケモドキ(Scapania cuspiduligera)の可能性もありそうですが、ミゾゴケモドキは国内だと秩父山地しか見つかっていないようなので除去してよさそう。イギリスの信頼できる苔図鑑BBSでもミゾゴケモドキが紹介されていますが、ちょっとちがう感じ。

背側その2

腹側は小さい腹葉がないので、背葉と腹葉はほぼ同じ大きさと思ってよさそう。

腹側

細胞を見てみると小さい油体が4つ程度で、トリゴンはあやふやです。平凡社の図鑑によると「表面がややベルカ状」「葉身細胞はやや厚壁」とありますが、どうかな?

細胞写真

もしマルバコオイゴケモドキだとすると雄と雌が同じ茎に付く「雌雄同株」。さらに「雄苞葉は茎の途中に付き、花被は雄苞葉の直下から出る長い側枝に頂生する」とあります。この白くひょろっと出てるのが側枝なのかな?

雄苞葉の下の側枝?

明確な答えは出ず、消去法でなんとなくマルバコオイゴケモドキという感じです。特に生育していた基部が地面じゃなかったような気がする(いつも記録し忘れます)。小さいから再度会えるかどうか……。でもふわふわで透明感のある複雑な美しさをもつ苔だと思います。かなり好きなタイプ。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes, Microscope
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

初めて出会うチヂミカヤゴケ(Macvicaria ulophylla)?

顕微鏡を買ったのにあまり更新していない。苔はちょくちょく見に行っているのだけど、サンプルを調べる気持ちに一つハードルがある。最近分かってきたのは、顕微鏡があればすぐに形が分かるわけではないことで、まず …

幻の苔を探して:キノボリオウゴンゴケ

※イメージ画像はおそらくハマキゴケ。センボンゴケ属でもキノボリオウゴンゴケではありません。 東京で一番苔の見られる場所、高尾山に行くことになりました。苔を見るようになってからは5回目くらいでしょうか。 …

コケについて国立科学博物館のディスカバリートークを聞いてきた

いつ行っても「こんな展示があったのか」と驚かされる国立科学博物館。建物の高さがある分、美術館よりも広く、いろいろな見せる工夫がなされているので、いつまででも時間を費やすことができる。ディスカバリートー …

「タマゴケとの遭遇」苔観察日記 都内某所

桜を筆頭に花が始まる春。苔もまた蒴を伸ばし、胞子を飛ばす準備を始める。もう少し暖かくなると、蒴の蓋が取れて中から胞子がこぼれだし、風に乗って雨水に流されて造卵器にたどり着いて受精する。動物とはちがって …

全長14kmのタマゴケロードでApple Mossを堪能

春はタマゴケ。ようよう赤くなりゆく蒴すこしあかりて、ということで、赤くなったタマゴケを見たい! と、個人的に命名したタマゴケロードに向かいました。総距離は14km……、朝からしゃきしゃき歩けば3時間程 …