苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes Microscope

マルバコオイゴケモドキ(Diplophyllum andrewsii)?

投稿日:2017年8月13日 更新日:


某所の樹幹にて。

背葉と腹葉の区別が付かない

かなり小さいです。1cmあるかないか。

背中側その1

こうしてみると葉先が尖っているような。尖り具合によってはミゾゴケモドキ(Scapania cuspiduligera)の可能性もありそうですが、ミゾゴケモドキは国内だと秩父山地しか見つかっていないようなので除去してよさそう。イギリスの信頼できる苔図鑑BBSでもミゾゴケモドキが紹介されていますが、ちょっとちがう感じ。

背側その2

腹側は小さい腹葉がないので、背葉と腹葉はほぼ同じ大きさと思ってよさそう。

腹側

細胞を見てみると小さい油体が4つ程度で、トリゴンはあやふやです。平凡社の図鑑によると「表面がややベルカ状」「葉身細胞はやや厚壁」とありますが、どうかな?

細胞写真

もしマルバコオイゴケモドキだとすると雄と雌が同じ茎に付く「雌雄同株」。さらに「雄苞葉は茎の途中に付き、花被は雄苞葉の直下から出る長い側枝に頂生する」とあります。この白くひょろっと出てるのが側枝なのかな?

雄苞葉の下の側枝?

明確な答えは出ず、消去法でなんとなくマルバコオイゴケモドキという感じです。特に生育していた基部が地面じゃなかったような気がする(いつも記録し忘れます)。小さいから再度会えるかどうか……。でもふわふわで透明感のある複雑な美しさをもつ苔だと思います。かなり好きなタイプ。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes, Microscope
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

盗掘をどこまで心配すればいいのだろう?

苔はもちろん植物をきちんと見るようになって、ふと気づくと他の人のblogやサイトには観察場所が明記されていないことが多いと気づいた。当初はいい苔が見られるところが書いてないのは残念、と一人沈んでいたの …

苔観察:真夏の高尾山は案外空いている?

夏の高尾山はビアガーデンが大混雑という話を聞いていたので、午前中に6号路を登り、山頂では敢えて吞まずにビアガーデンに並んで喉の渇きにじっと耐える。いよいよ開店となって飲み干す一杯のおいしさときたら…… …

苔観察日記 朝夷名切通@鎌倉

金沢八景駅近くのでかい猫 苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回は神奈川県。京急に乗って海沿いを南下し、金沢八景駅で下車。窓から海や入道雲が見えたり、 …

苔観察日記 富士山五合目その2

5時に起きだして一人ごそごそと外に出る。ゆうべからの快晴が続いて富士山には傘がかかっているので、今日は晴れそう。山荘から少し歩くと見晴台があり雲海が見られる。じっとしていると光の加減で雲海のあちこちに …

苔観察日記 高尾山より空いている石老山

高尾山と中央線沿線の山 陣馬山・生藤山・権現山・扇山・百蔵山・岩殿山・石老山・九鬼山など (ヤマケイアルペンガイド) 東京都心から苔観察に行く場合、もっともいい場所は高尾山6号路だと思う。新宿から1時 …