苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

life shoes

多くのミニマリストが靴を極力少なくしようとしていますが限度があるという話

投稿日:2017年7月14日 更新日:


断捨離を進めて物を極限まで持たなくなるミニマリストがここのところ話題になっていて、わたしも憧れます。20代から毎週のように本を数冊買ってはため込んで、きちんと数えたことはありませんが最高で1000冊は越えていたはず。加えて料理にこだわってスパイスがどっさり、服も大きな収納に入りきらないほどでした。そのため、ミニマリストの方々の目指す物が少ないとノイズが少なく生活のささやかな迷いが少なくなると思うので基本的なスタイルは賛同していますが、ひとつどうしても納得できないことが。1人の靴の所有数は何足が最低なのか、ということ。

人によっては靴の数をカジュアル1、フォーマル1、サンダル1の3足くらいで過ごされている人もいるよう。カジュアルな格好で済む会社や主婦の方ならこれでもいいのかもしれません。ただしそれはこの3足を毎日履き替える場合です。どうも大抵の方は同じ1足を毎日履いていらっしゃるよう。これでは靴の中でかいた汗が蒸発せず型崩れや悪臭の元になるとnanapiさんでも言われています。4足あれば好ましいですが、3足所有して2日休ませればよいとしている文献もあります。革靴を履いて働いている会社員の方はレザーシューズが最低3足必要ということになります。

カジュアルな靴はスニーカーが1~2足、登山靴が1足、雨用の長靴が1足、夏のサンダルが1~2足、ジョギング用の靴が1足として、全部で10足というのが個人的には最低ライン。走ったり山に登ったりしない方はもう少し少なくて済むでしょうが、1日1足と考えたり雨の日の準備を考えると7足くらいは必要なのでは。気に入った物は長く使いたいという観点からも少なすぎる靴はダメージを増幅させてしまいます。物が少ないことと大事にすることのバランスが必要で、なんでもかんでも数を少なくすればいいというものではないと思うのです。特に足は人間の根幹なので無理をさせてはいけないもので、用途にあったもの・サイズがぴったりのものをきちんと揃えることが必要。なにより、同じ靴ばかり履いていると雑菌が繁殖して臭くなるとか……。ものが少ないことにかまけて汚くなってしまっては本来の目的から外れてしまうのではないでしょうか。

靴に限らずものをコントロールできるくらい少なくすることは大切だと思うのですが、衣服と自分の趣味についてはある程度必要かと思います。登山が趣味の人でものを減らしたら、山に行ったときに本当に必要なものがなくて危険な目にあうかもしれません。少なくすることが目的にならないよう、本当に必要なものだけをしっかり所有するという方向でわたしはやっていきたいと思います。

ad02

ad01




ad02

ad01




-life, shoes

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします(画像はMoss Monkeyだそう)。 帰り道で記憶をなくし、気がついたら駅で転んで眼鏡のレンズに傷をつけてしまうという体たらくで新 …

牡蠣をもらった

某司書の人から牡蠣をもらった。三陸沖の牡蠣を復興するための基金に申し込んだもののお裾分けだ。ありがたやありがたや。 予定より1週間遅くやってきた牡蠣は、都内で見るものよりも大きく、ジューシーで、磯の香 …

断捨離の功罪 若いうちに断捨離することの疑問

今の本棚その1 周囲に数万冊単位の蔵書を持つ人が複数いるので、これまで本を多く所有することは正しいと無意識に信じていた。ふとした時に取り出して引用することもできるし、読みたい本は家にあるはずという安心 …

枯れてると噂の池上本門寺のホンモンジゴケを確かめてきた

昭和9年に池上本門寺で存在を確認されたホンモンジゴケ。この苔は植物体に銅を蓄えることができるという変わった特性を持っている。研究によると、細胞の内側ではなく細胞壁や細胞の間に蓄えているようだ。そのホン …

no image

5kmより3km

字面にすれば当然のことだが、ここに気づくまでジョギングを始めてから5年かかった。 走り始めた頃は「長距離走れなければジョギングとはいえない」と信じこんでいたのだ。 きっかけは謎の腹痛が続いて体力が落ち …