苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

life shoes

多くのミニマリストが靴を極力少なくしようとしていますが限度があるという話

投稿日:2017年7月14日 更新日:


断捨離を進めて物を極限まで持たなくなるミニマリストがここのところ話題になっていて、わたしも憧れます。20代から毎週のように本を数冊買ってはため込んで、きちんと数えたことはありませんが最高で1000冊は越えていたはず。加えて料理にこだわってスパイスがどっさり、服も大きな収納に入りきらないほどでした。そのため、ミニマリストの方々の目指す物が少ないとノイズが少なく生活のささやかな迷いが少なくなると思うので基本的なスタイルは賛同していますが、ひとつどうしても納得できないことが。1人の靴の所有数は何足が最低なのか、ということ。

人によっては靴の数をカジュアル1、フォーマル1、サンダル1の3足くらいで過ごされている人もいるよう。カジュアルな格好で済む会社や主婦の方ならこれでもいいのかもしれません。ただしそれはこの3足を毎日履き替える場合です。どうも大抵の方は同じ1足を毎日履いていらっしゃるよう。これでは靴の中でかいた汗が蒸発せず型崩れや悪臭の元になるとnanapiさんでも言われています。4足あれば好ましいですが、3足所有して2日休ませればよいとしている文献もあります。革靴を履いて働いている会社員の方はレザーシューズが最低3足必要ということになります。

カジュアルな靴はスニーカーが1~2足、登山靴が1足、雨用の長靴が1足、夏のサンダルが1~2足、ジョギング用の靴が1足として、全部で10足というのが個人的には最低ライン。走ったり山に登ったりしない方はもう少し少なくて済むでしょうが、1日1足と考えたり雨の日の準備を考えると7足くらいは必要なのでは。気に入った物は長く使いたいという観点からも少なすぎる靴はダメージを増幅させてしまいます。物が少ないことと大事にすることのバランスが必要で、なんでもかんでも数を少なくすればいいというものではないと思うのです。特に足は人間の根幹なので無理をさせてはいけないもので、用途にあったもの・サイズがぴったりのものをきちんと揃えることが必要。なにより、同じ靴ばかり履いていると雑菌が繁殖して臭くなるとか……。ものが少ないことにかまけて汚くなってしまっては本来の目的から外れてしまうのではないでしょうか。

靴に限らずものをコントロールできるくらい少なくすることは大切だと思うのですが、衣服と自分の趣味についてはある程度必要かと思います。登山が趣味の人でものを減らしたら、山に行ったときに本当に必要なものがなくて危険な目にあうかもしれません。少なくすることが目的にならないよう、本当に必要なものだけをしっかり所有するという方向でわたしはやっていきたいと思います。

ad02

ad01




ad02

ad01




-life, shoes

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

登山靴を買うとき

ゴローで登山靴を買うときは、家を出る前に登山用の靴下は持って行った方がいい。現地でも貸してくれるけど、やはり普段自分で使う厚みで試した方がいいから。 巣鴨駅で降りて山手線の内側に出る。小さなロータリー …

YTVでおなじみのまんげ鏡

山湯酒活動 東京・大岳山

山湯酒活動とは、山に登って汗をかき、温泉に入ってほっとしてから酒を呑む。これが最高。 今回は奥多摩三山の一つと言われる大岳山。これで実は奥多摩三山を制覇。わたしは山に登る人としてはあるまじき、「楽な山 …

no image

朝活してますけど成功していません

いずれ成功できるといいですね! と人事のように思いながら「デキる人ほど朝活してる! 真似したい5つの習慣」を拝見しています。 朝活って呼ぶといかにもできる社会人気取りですが、わたしの場合は単に早寝早起 …

苔観察日記 黒山三滝ふたたび 

苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回も埼玉県越生町にある黒山三滝。 池袋から急行に乗り、坂戸駅で乗り換えて終点越生駅で下りるのは7月といっしょ。「お …

自分にとって必要な靴

学校を卒業してから30歳までネクタイを締めたことが数回しかなかったので、ビジネスでの服装とか革靴について全く知らずに過ごしてきてしまった。しかし、さすがにスーツを着るようになって5年、最初に買った革靴 …