苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes

「三重生物」が苔的に熱い

投稿日:


5月の話ですが、国立科学博物館三重県総合博物館が合同で主催する苔と地衣類の観察会に参加してきました。キャンセル待ちもいたそうですが、今年はすでに3回も国立科学博物館での苔イベントに当選してしまい、すっかり運を使い果たした気分です。

国立科学博物館の観察会

観察ポイントは三重県の御在所岳で全く行ったことがないところ。先生がついて教えてくれるとはいえ、事前に何かしらの準備をしなくては落ち着かないので、CiNiiで関連する論文がないか調べてみました。すると『「第12回コケの会」と「御在所岳エクスカーション」』を初めとして、三重県で調べられた昭和30~40年代の苔関連の論文がたくさん出てくる。蘚苔類学会による雑誌はもちろん、調べていると「三重生物」という雑誌の存在に出くわしました。Ciniiでは閲覧不可で、公共機関でも国会図書館か三重県立図書館くらいしか所蔵がない。三重特有の苔情報が4、5件程度あればいいくらいの気持ちで国会図書館に出向きました。

国会図書館

調べてみると「三重生物」には毎号何かしら苔の情報が掲載されていることが分かりました。哺乳類から植物、菌類までいろいろな生物が掲載されているのに、どうしてこんなに蘚苔類がクローズアップされているのだろう? 多いときには全論文の3割程度が蘚苔類を扱っていることさえあります。その中で目立つのが「孫福正(まごふくただし)」の名前。毎号何かしら執筆され、苔にとどまらずシダや維管束植物まで幅広くレポートされています。いったい何者だろうという疑問符は追悼記事「孫福正先生 A personal memory of Mr. T. Magofuku 1907-1987」で解決しました。中学から植物を熱心に調べ続けて80歳で亡くなるまで地元の植物に集中して研究された姿勢には頭が下がるばかり。伊勢神宮の内部を特別な許可をもらって調査して珍しい苔をたくさん発見した成果を「孫福正採集による神宮宮域林産の蘚苔類目録 : 神宮司庁収蔵標本」にまとめたほか、「三重県の蘚類」という書籍まで出版されています。

今は広島大学など蘚苔類の研究が進んでいる大学もありますが、当時は在野の研究者による調査の影響力が大きかったのかもしれません。また、今ほどデータが共有されている時代ではなかったので、各地で熱意ある研究者が育ち、独自に苔の研究を発表していったのかも。中京地区の蘚苔類についてはかなりの調査量なので、愛知や三重に苔を見に行こうとする方は目を通しておくと良さそうです。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ハネゴケの謎に挑む(1)チチブハネゴケ(Plagiochila flexuosa)?

羽のように見えるからハネゴケ。苔なんてみんな左右に葉が出て羽のように見えるように思えますが、羽のようと形容できる種は案外少ない。それでもクジャクゴケやホウオウゴケ(こちらは空想上の鳥ですが)のように鳥 …

苔観察日記 数馬の切通

苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回も上野健先生が企画されている「苔の旅」に随伴させていただき、奥多摩駅から一つ手前の白丸駅周辺をめぐる。山手線圏か …

苔観察日記 子の権現

苔の中には石灰岩を好む種がいる。一般的な植物は石灰岩を好まない(栄養が足りないらしい)が、逆に植物にとっての栄養がじゃまになる苔が石灰岩の地域に適応したということなんだろうか。石灰岩といえば秩父。セメ …

苔観察日記 奥多摩某所

夏のミズヒキがまだ咲き残っている奥多摩を歩くのは今年3回目。東京といっても、冬になると雪が積もってしまうと苔観察は一時おやすみなので、その前に秋の苔の状態を見ておきたい。いつもは見ない場所で鳶がたくさ …

苔観察日記 武蔵五日市駅〜広徳寺〜金剛の滝

苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回は、苔の研究をされている上野先生が主催されている「苔をみる旅」に同行させてもらった。JR五日市線に集合し、夕方ま …