苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes life

バケツ一杯の虫除け

投稿日:2017年5月17日 更新日:


そんなにいらない。

苔観察も暖かくなってだいぶ楽になってきました。寒い時期は霜が下りたり雪が積もった中を歩いたこともあります。何よりありがたいのが写真を撮るときに手袋がなくて済むこと。すべって手ぶれを起こしたりシャッターのタイミングがうまくつかめなかったりします。カメラマン用グローブもありますが、やっぱり素手で作業するのが一番。

一方で虫の季節でもあります。わたしは蚊に刺されてもあまり痒くならないし痒みがすぐに治まるというちょっと変わった体質なのですが、それでも虫刺されをものともせずに撮影できるほど強者ではありませんから、虫刺されはそろそろ必須。ムヒとか市販の医薬品を使ってもいいのですが、どうせ使うならいい香りのものがないかと思っていたところ、アロマオイルを使った虫除けの方法があるのだとか。去年ハッカを使ってスプレーを作ったのですが今ひとつ効果を感じられなかったので、今年はゼラニウムオイルに挑戦してみようと思います。無印良品で1800円ほど。これをエタノールで混ぜるのですが、無印良品のゼラニウムはちょっと残り香にえぐみがあって気になるので、家に転がっていた同じ無印良品のリラックスできるアロマオイルを混ぜてみました。柑橘系の香りが加わって少し落ち着いたように思います。あればカモミールとかラベンダーとか混ぜてみたい。

今回は比較的安い無印良品でアロマオイルを調達しましたが、いろんなところでアロマオイルが売られていてそれぞれちがった香りがするのかもしれない。こういうの、誰か調べてくれないかな。もしかしてアロマテラピー検定などを受ければこういうことが分かったりするのでしょうか……、そこまでのめり込みたくないので、日本酒の味の方向性をブログに書いてくれる方がいるようにアロマオイル界にもそういう人がいてくれたらいいのに。アロマオイルは1本2000円くらいするので通販でえいやっと買って失敗というのは避けたい。と思ったらやっぱりありました。「アロマ講師が選ぶ。おすすめのアロマオイルブランド7選」無印入ってないなー。通販もあるとはいえ、最後は自分の鼻が頼りなので店舗に出向いて自分に合ったオイルを見つけたいです。

スプレーボトルは100均も試しましたが、コスト的にも無印良品の方がいいかと思います。噴射角度が広くて強すぎない。

アロマオイル5mlはふんだんに使っても週に10滴くらいしか消費しないので、1瓶消費するのにどのくらいかかるんだろう……。気になるとすぐ買い揃えてしまう癖があるので、いい香りを求めて買いすぎないようにしたいと思います。「こっちのゼラニウムの方が香りが柔らかいんだ」とか言い出したら終わりだ。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes, life
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

桜を淡々と

満開まで4日だった。 開花日 開花2日目 開花3日目 開花4日目。満開。

マルバコオイゴケモドキ(Diplophyllum andrewsii)?

某所の樹幹にて。 背葉と腹葉の区別が付かない かなり小さいです。1cmあるかないか。 背中側その1 こうしてみると葉先が尖っているような。尖り具合によってはミゾゴケモドキ(Scapania cuspi …

あなたが何者かではなくあなたは何者でもある

この話はしょっちゅうしているので、実際に会った人は「またあの話か」と思うだろうけど、Webに書いたことはなかったはず。おっさんの昔話、それもたいしたことのない話。 高校時代に何の因果か演劇部に携わるこ …

no image

写真を現像してみる

写真にあんまり興味がなかったのは父の影響かもしれない。子供の頃はよく写真を撮られた。水色の軽乗用車の前でよたっとしている4歳の自分の姿は今でも覚えているが、写真自体はもうなくなってしまったかもしれない …

クラマゴケモドキだと思ったらツジベゴヘイゴケ(Tuzibeanthus chinensis)

地衣類や藻類は緑色でも苔ではない、というように苔の本の冒頭には苔の特徴と似ている植物がよく取り上げられる。苔について知るにはどうしても苔(蘚苔類)でないものを排除するのが先決です。そんな中で苔ではない …