苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes life

バケツ一杯の虫除け

投稿日:2017年5月17日 更新日:


そんなにいらない。

苔観察も暖かくなってだいぶ楽になってきました。寒い時期は霜が下りたり雪が積もった中を歩いたこともあります。何よりありがたいのが写真を撮るときに手袋がなくて済むこと。すべって手ぶれを起こしたりシャッターのタイミングがうまくつかめなかったりします。カメラマン用グローブもありますが、やっぱり素手で作業するのが一番。

一方で虫の季節でもあります。わたしは蚊に刺されてもあまり痒くならないし痒みがすぐに治まるというちょっと変わった体質なのですが、それでも虫刺されをものともせずに撮影できるほど強者ではありませんから、虫刺されはそろそろ必須。ムヒとか市販の医薬品を使ってもいいのですが、どうせ使うならいい香りのものがないかと思っていたところ、アロマオイルを使った虫除けの方法があるのだとか。去年ハッカを使ってスプレーを作ったのですが今ひとつ効果を感じられなかったので、今年はゼラニウムオイルに挑戦してみようと思います。無印良品で1800円ほど。これをエタノールで混ぜるのですが、無印良品のゼラニウムはちょっと残り香にえぐみがあって気になるので、家に転がっていた同じ無印良品のリラックスできるアロマオイルを混ぜてみました。柑橘系の香りが加わって少し落ち着いたように思います。あればカモミールとかラベンダーとか混ぜてみたい。

今回は比較的安い無印良品でアロマオイルを調達しましたが、いろんなところでアロマオイルが売られていてそれぞれちがった香りがするのかもしれない。こういうの、誰か調べてくれないかな。もしかしてアロマテラピー検定などを受ければこういうことが分かったりするのでしょうか……、そこまでのめり込みたくないので、日本酒の味の方向性をブログに書いてくれる方がいるようにアロマオイル界にもそういう人がいてくれたらいいのに。アロマオイルは1本2000円くらいするので通販でえいやっと買って失敗というのは避けたい。と思ったらやっぱりありました。「アロマ講師が選ぶ。おすすめのアロマオイルブランド7選」無印入ってないなー。通販もあるとはいえ、最後は自分の鼻が頼りなので店舗に出向いて自分に合ったオイルを見つけたいです。

スプレーボトルは100均も試しましたが、コスト的にも無印良品の方がいいかと思います。噴射角度が広くて強すぎない。

アロマオイル5mlはふんだんに使っても週に10滴くらいしか消費しないので、1瓶消費するのにどのくらいかかるんだろう……。気になるとすぐ買い揃えてしまう癖があるので、いい香りを求めて買いすぎないようにしたいと思います。「こっちのゼラニウムの方が香りが柔らかいんだ」とか言い出したら終わりだ。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes, life
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

神奈川県の最乗寺で苔初め

JR小田原駅の観音様を横目に見ながら小田急大雄山線に乗り換えると、箱根への線路とはちがった風景が続きます。意外と言っては失礼ですが、のどかな街が続き、田舎の風情を残しながらも人々が生活している街が多い …

苔湯酒活動 黒山三滝

苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回は埼玉県越生町にある黒山三滝。滝と苔は相性がいいので楽しみな上に、日本蘚苔類学会によって「日本の貴重なコケの森」 …

ハネゴケの謎に挑む(1)チチブハネゴケ(Plagiochila flexuosa)?

羽のように見えるからハネゴケ。苔なんてみんな左右に葉が出て羽のように見えるように思えますが、羽のようと形容できる種は案外少ない。それでもクジャクゴケやホウオウゴケ(こちらは空想上の鳥ですが)のように鳥 …

苔が紹介されている雑誌「望星」を買いました

望星 2016年 07 月号 雑誌 最近、一般の雑誌で苔特集が多いらしい。ゴシップ誌と思い込んでいた「女性自身」でも苔特集が組まれているとか。びっくりしたけど、さすがに買えないかな……。 もう一冊、東 …

「驚くべきリアル」展から古本ソロツアー

スペインだとゴヤやピカソなど有名な名前が思い浮かぶが、ラテンアメリカの美術となるとフリーダ・カーロくらいしか思い浮かばない。 そんな貧困な自分の美術認識を改めるべく、東京都現代美術館へ。 ラテンアメリ …