苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes

ニスビキカヤゴケ(Porella vernicosa)に出会えた喜び

投稿日:2017年5月11日 更新日:


ニスを引いたようにつやつやしているのでニスビキカヤゴケ。カヤは何の意味だろう……?

ニスビキカヤゴケ

先日出たばかりの『知りたい 会いたい 特徴がよくわかる コケ図鑑』でも「初心者にもわかりやすいコケ」として紹介されているように、一目見ただけで分かりました。他の苔類でもこのような楕円形の葉が2列でつながるものもありますが、ツヤと葉の丸まりがちがいます。とはいえ、外見それも背中側から見て判断を下すのは早すぎる。じっくり見ていきたいと思います。

ニスビキカヤゴケ:背側

ちょっとした虫ぽさがある。けっこう不規則に分枝します。

ニスビキカヤゴケ:腹側

腹片と呼ばれる茎の両脇につく小さい葉が舌の形をしています。……まあ、舌の形というのが特徴的かどうかは疑問なのですが。また、葉がくるりと内側に曲がっているのも大きな特徴。ニスビキカヤゴケはクラマゴケ属なのですが、一般的なクラマゴケモドキは葉が内曲しないので同じ属なのが少し不思議。腹片など別の特徴から同じ属になっているのでしょうか。

ニスビキカヤゴケ:腹側を顕微鏡で

顕微鏡を使うと葉先の棘(歯)がよくわかります。茎の横に耳のように出っ張っているのが腹片。こちらにも歯をもつものがあります。

失敗したのが口の中にニスビキカヤゴケを入れなかったこと。噛むと蓼のように苦みがあると書かれているので、それを確かめて初めて同定できる。視覚だけでは判断できない苔というのもあるのです。苦い味が好きなのでよけいに悔やまれます。次は忘れないようにしよう。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

苔観察日記 川苔山

苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回は、奥多摩駅からバスで10分、川苔山へ赴いた。当日はあいにくの雨予報で、到着時点では曇り空だったが、次第に雨が強 …

クラマゴケモドキだと思ったらツジベゴヘイゴケ(Tuzibeanthus chinensis)

地衣類や藻類は緑色でも苔ではない、というように苔の本の冒頭には苔の特徴と似ている植物がよく取り上げられる。苔について知るにはどうしても苔(蘚苔類)でないものを排除するのが先決です。そんな中で苔ではない …

苔観察日記 子の権現

苔の中には石灰岩を好む種がいる。一般的な植物は石灰岩を好まない(栄養が足りないらしい)が、逆に植物にとっての栄養がじゃまになる苔が石灰岩の地域に適応したということなんだろうか。石灰岩といえば秩父。セメ …

苔観察日記 黒山三滝ふたたび 

苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回も埼玉県越生町にある黒山三滝。 池袋から急行に乗り、坂戸駅で乗り換えて終点越生駅で下りるのは7月といっしょ。「お …

苔界の第一人者児玉務先生追悼・著作集『ええもん見つけたな』で号泣

SFとかラテンアメリカ文学にはまった時、真っ先にやったのは読むことよりも買うことでした。どちらも21世紀になってから本格的に触れたので、20世紀に出版されたおもしろいけど売れない本というのはかなり稀少 …