苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes

ニスビキカヤゴケに出会えた喜び

投稿日:


ニスを引いたようにつやつやしているのでニスビキカヤゴケ。カヤは何の意味だろう……?

ニスビキカヤゴケ

先日出たばかりの『知りたい 会いたい 特徴がよくわかる コケ図鑑』でも「初心者にもわかりやすいコケ」として紹介されているように、一目見ただけで分かりました。他の苔類でもこのような楕円形の葉が2列でつながるものもありますが、ツヤと葉の丸まりがちがいます。とはいえ、外見それも背中側から見て判断を下すのは早すぎる。じっくり見ていきたいと思います。

ニスビキカヤゴケ:背側

ちょっとした虫ぽさがある。けっこう不規則に分枝します。

ニスビキカヤゴケ:腹側

腹片と呼ばれる茎の両脇につく小さい葉が舌の形をしています。……まあ、舌の形というのが特徴的かどうかは疑問なのですが。また、葉がくるりと内側に曲がっているのも大きな特徴。ニスビキカヤゴケはクラマゴケ属なのですが、一般的なクラマゴケモドキは葉が内曲しないので同じ属なのが少し不思議。腹片など別の特徴から同じ属になっているのでしょうか。

ニスビキカヤゴケ:腹側を顕微鏡で

顕微鏡を使うと葉先の棘(歯)がよくわかります。茎の横に耳のように出っ張っているのが腹片。こちらにも歯をもつものがあります。

失敗したのが口の中にニスビキカヤゴケを入れなかったこと。噛むと蓼のように苦みがあると書かれているので、それを確かめて初めて同定できる。視覚だけでは判断できない苔というのもあるのです。苦い味が好きなのでよけいに悔やまれます。次は忘れないようにしよう。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

苔観察には3段階ある。肉眼、ルーペ、そして……とうとう第3ステージに進んでしまう

苔観察には3つの段階がある 上野にある国立科学博物館では、毎週末「研究者によるディスカバリートーク」という講義が行われています。こちらで2ヶ月に1回の割合で苔界の第一人者樋口先生が「コケの生き方を考え …

苔観察日記:今年3回目の奥多摩某所は誰かによって苔が……

今年3回目になる奥多摩某所に出掛けてきた。目的はOM-D EM-5 Mark2を使ってクジャクゴケの蒴を撮ること。クジャクゴケは春と秋の両方に蒴をつけているような気がするので、実際に確かめたかった。1 …

ツボミゴケ(Jungermannia)、かな……?

日本で一番有名な苔はスギゴケでもジャゴケでもなく、実はチャツボミゴケかもしれない。少なくとも地名になっているのはここだけのはず。苔が好きと公言しておきながら、ずっとチャツボミゴケのことを「チャツボ」「 …

苔観察日記 奥多摩湖周辺

土曜日、新宿駅11番線、6:44。奥多摩へ直行する快速に乗ろうと、カラフルなダウンジャケットを着込んだ登山客がプラットフォームに並ぶ。ここではスーツは場違い。寒さが和らいだとはいえ、3月上旬で最高気温 …

苔観察日記 富士山五合目その2

5時に起きだして一人ごそごそと外に出る。ゆうべからの快晴が続いて富士山には傘がかかっているので、今日は晴れそう。山荘から少し歩くと見晴台があり雲海が見られる。じっとしていると光の加減で雲海のあちこちに …