苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes

ニスビキカヤゴケ(Porella vernicosa)に出会えた喜び

投稿日:2017年5月11日 更新日:


ニスを引いたようにつやつやしているのでニスビキカヤゴケ。カヤは何の意味だろう……?

ニスビキカヤゴケ

先日出たばかりの『知りたい 会いたい 特徴がよくわかる コケ図鑑』でも「初心者にもわかりやすいコケ」として紹介されているように、一目見ただけで分かりました。他の苔類でもこのような楕円形の葉が2列でつながるものもありますが、ツヤと葉の丸まりがちがいます。とはいえ、外見それも背中側から見て判断を下すのは早すぎる。じっくり見ていきたいと思います。

ニスビキカヤゴケ:背側

ちょっとした虫ぽさがある。けっこう不規則に分枝します。

ニスビキカヤゴケ:腹側

腹片と呼ばれる茎の両脇につく小さい葉が舌の形をしています。……まあ、舌の形というのが特徴的かどうかは疑問なのですが。また、葉がくるりと内側に曲がっているのも大きな特徴。ニスビキカヤゴケはクラマゴケ属なのですが、一般的なクラマゴケモドキは葉が内曲しないので同じ属なのが少し不思議。腹片など別の特徴から同じ属になっているのでしょうか。

ニスビキカヤゴケ:腹側を顕微鏡で

顕微鏡を使うと葉先の棘(歯)がよくわかります。茎の横に耳のように出っ張っているのが腹片。こちらにも歯をもつものがあります。

失敗したのが口の中にニスビキカヤゴケを入れなかったこと。噛むと蓼のように苦みがあると書かれているので、それを確かめて初めて同定できる。視覚だけでは判断できない苔というのもあるのです。苦い味が好きなのでよけいに悔やまれます。次は忘れないようにしよう。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

苔観察日記 数馬の切通

苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回も上野健先生が企画されている「苔の旅」に随伴させていただき、奥多摩駅から一つ手前の白丸駅周辺をめぐる。山手線圏か …

苔観察日記 奥多摩

中公新書から出ている秋山弘之さん『苔の話』によると、苔を見るには梅雨がいいと書かれている。確かに濡れた苔は葉を開いてきれいな緑色になる。ただ、国立科学博物館の樋口先生によると「苔は濡れている時と乾燥し …

こちらは非売品(だと思う)の苔

鎌倉の苔むすびに行ってきた

鎌倉にある苔むすびさんが実店舗をはじめると聞いたので、オープン初日にうかがってきました。 鎌倉駅から歩いてちょっとなんですが、何せ神奈川に足を踏み入れることが年に数回という身では、鎌倉駅のどこから歩け …

東京の西の果て、あきる野市で立派な樫の木と美しいカサゴケモドキを見てきました

11月も更けていく時期になると、山へ行っても茸や粘菌はなかなか見つからない。でも、苔の中には蒴を出して冬を越す種もあるという。不思議だ。胞子を出す器官を作ったまま越冬したら、なんとなく器官ごと冬の寒さ …

苔観察には3段階ある。肉眼、ルーペ、そして……とうとう第3ステージに進んでしまう

苔観察には3つの段階がある 上野にある国立科学博物館では、毎週末「研究者によるディスカバリートーク」という講義が行われています。こちらで2ヶ月に1回の割合で苔界の第一人者樋口先生が「コケの生き方を考え …