苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes

ツボミゴケ(Jungermannia)、かな……?

投稿日:


日本で一番有名な苔はスギゴケでもジャゴケでもなく、実はチャツボミゴケかもしれない。少なくとも地名になっているのはここだけのはず。苔が好きと公言しておきながら、ずっとチャツボミゴケのことを「チャツボ」「ミゴケ」だと思っていました。茶壺の形をしたミゴケという仲間かと。よくよく図鑑を見てみればミゴケ属などない。正しいのは「チャ」「ツボミゴケ」で、茶色いツボミゴケという意味なのでしょう。

ツボミゴケ?の小さな群落

こちらは秘密の苔園で見つけたツボミゴケの仲間と思われる群落。帰り際に岩の隙間から水がしたたっている場所の近くにこぢんまりとしていました。近辺の苔類はジャゴケばかりだったので喜びいさんで激写。たがいちがいに斜めに葉がつくところがいかにもツボミゴケぽい。

ツボミゴケ?

しかし、いざ近くでじっくり観察しつつ平凡社の図鑑と照らし合わせると、ツボミゴケの仲間であるはずなのに微妙に条件がちがっていて同定できません。先端のふっくらした場所は花被といいますが、中にカリプトラと呼ばれる円筒形の保護する部分が見えます。葉も丸く切れ込みが入っていないので、ほぼツボミゴケ属でまちがいないと思うのですが……。

苔類の花被とカリプトラ

いざツボミゴケ属の説明を読んでみると、オオホウキゴケの説明が近いように思います。
「仮根が多い」
「腹葉はない」
「油体は細胞に4〜6個」
「葉は卵状舌形」

ツボミゴケ?の細胞

しかし、決定的にちがうのが「トリゴンが大き」いということ。細胞の角のつなぎめに隙間があると「トリゴンが大きい」といいますが、今回の苔はトリゴンらしきものがほとんどありません。ツボミゴケ属全体を見回してもほとんどがトリゴンが大きいので、もしかするとこれだけトリゴンがないということはツボミゴケ属でないのかも……。保育社の図鑑をひもとくとゴマダラツボミゴケが載っています。こちらはトリゴンがなくベルカ(細胞表面のわずかなでっぱり)もないということですが、決定的なちがいは油体の大きさ。ゴマダラツボミゴケは1つの大きな油体ということで、ここでも条件がちがってしまいます。

ツボミゴケの仲間ということでいったん保留しておきます。秋くらいにもう一度見に行ったら色が赤く変わったり何か変化があるかもしれません。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

バケツ一杯の虫除け

バケツ一杯の空気 (1980年) (サンリオSF文庫) そんなにいらない。 苔観察も暖かくなってだいぶ楽になってきました。寒い時期は霜が下りたり雪が積もった中を歩いたこともあります。何よりありがたいの …

2016年、わたしの苔活動

2016年もいい苔をたくさん見ることができました。見始めてから2年もたつとそれなりに分かってくるもので、どういう山にどんな苔がいるのかおおよそ分かるような気がします(関東近辺のみ)。それでも日本蘚苔類 …

苔観察日記:山梨県某所は苔よりも茸がいっぱい

8月になると関東近辺の山はさすがに暑い。木陰で渓流が流れていると涼しく感じられるところもあるけれど、それほど標高が高いわけではないので、場合によっては平地と変わらないところも多い。台風やにわか雨があれ …

神奈川県の最乗寺で苔初め

JR小田原駅の観音様を横目に見ながら小田急大雄山線に乗り換えると、箱根への線路とはちがった風景が続きます。意外と言っては失礼ですが、のどかな街が続き、田舎の風情を残しながらも人々が生活している街が多い …

苔観察日記 川苔山

苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回は、奥多摩駅からバスで10分、川苔山へ赴いた。当日はあいにくの雨予報で、到着時点では曇り空だったが、次第に雨が強 …