苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes

初めて出会うチヂミカヤゴケ(Macvicaria ulophylla)?

投稿日:2017年4月21日 更新日:


顕微鏡を買ったのにあまり更新していない。苔はちょくちょく見に行っているのだけど、サンプルを調べる気持ちに一つハードルがある。最近分かってきたのは、顕微鏡があればすぐに形が分かるわけではないことで、まず土や埃を落とすのが大変。つぎに顕微鏡のピントは剃刀のように薄いので、ちょっとでも空間があると形が分からない。いざプレパラートに載せても、いまいち分かりづらい葉しかない場合もある。満足のいく顕微鏡撮影ができる可能性が低いというのが大きな理由かもしれません。経験値をあげて上手になればいいのですが、なんでもうまくなるまでの「やりたくないわけではないんだけど、やるのめんどくさいなー」という心境を乗り越えるのが大変です。

樹幹にへばりつく様はヤスデゴケに似ている

今日の苔類は樹幹についていました。木についている苔類はヤスデゴケの仲間が多く、お腹側に腹片や腹葉がついていて見分けるのが大変。しかしこれはどうもヤスデゴケではなさそう。

樹幹につく謎の苔類

葉っぱが妙に波打っているのが見分けるポイントになりそうで、お腹側もかなり複雑に腹葉がある。

よれよれした葉と、ちょっと複雑な腹葉

腹葉もごちゃごちゃしていて襟の有無までは見分けがつかないのだけど、枝の横から斜めに出ているので、「ヤスデゴケ型分枝」に近そう。ま、なんといっても特徴的なのは「葉は著しく波打」つところ。イチョウゴケの仲間も波打つけれども、そういうイチョウゴケには腹葉がないので却下。

うねうね感が伝わるでしょうか

ケビラゴケの仲間もかなりうねうねしているようですが、実物を見たことがほとんどないので比較しづらい。近いのはクビレケビラゴケあたりですが、無性芽をつけていないのでちがうか。無性芽の有無は季節によって異なると思うので、即断はできません。図鑑に時期的なことが書かれていると助かるのですが……。

細胞を見てみると、油体が多めでトリゴンは小さめ。

トリゴンは小さめ

ケビラゴケの仲間は油体が少ないみたいで、その観点からするとケビラゴケの可能性は低いかも。もうちょっと探してみると、クラマゴケモドキ科に出会いました。クラマゴケモドキ属にも近い形のものがありますが、平凡社の図鑑(P.276)に掲載されているチヂミカヤゴケのイラストがかなり近いように思います。

チヂミカヤゴケのイラスト

詳しい特徴を追ってみると、

  • 暗緑色:○
  • 長さ3-5cm、背型は卵形、長さ1-2mm:サイズはかなり小さめだけど、すごく波波なので卵型といっていいのかどうか
  • 著しく波打ち:○
  • 腹片は雌株では舌形、雄片では三角形、ともに稀に袋状:いまいちわかりにくい写真しか撮れませんでした
  • 腹葉は幅が茎径の約2倍で全縁:そう言われればそんな気も……
  • 山地帯の樹幹に着生:○
  • 分布は北海道から九州:○
  • 油体は15-45個、小さい楕円体で均質:○
  • 無性芽はない:○

茎の周囲に張り付くように腹葉が着いている

○の数の方が多いから、これはチヂミカヤゴケということにしたいけれども、今ひとつすっきりとしないものが残るので、もう少し調査を続けます。苔のことなんてすっきり解決しないものですが……。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

苔観察:真夏の高尾山は案外空いている?

夏の高尾山はビアガーデンが大混雑という話を聞いていたので、午前中に6号路を登り、山頂では敢えて吞まずにビアガーデンに並んで喉の渇きにじっと耐える。いよいよ開店となって飲み干す一杯のおいしさときたら…… …

苔観察日記:伊豆大島に苔はあるのか? その1

伊豆大島に苔はあるのか? 暇な時間があるとGoogleマップで道をたどり、苔がありそうなところを調べている。しかし、伊豆大島を見ていてもあまり苔がありそうな感触がない。加えて、伊豆大島の苔に関する論文 …

全長14kmのタマゴケロードでApple Mossを堪能

春はタマゴケ。ようよう赤くなりゆく蒴すこしあかりて、ということで、赤くなったタマゴケを見たい! と、個人的に命名したタマゴケロードに向かいました。総距離は14km……、朝からしゃきしゃき歩けば3時間程 …

コケについて国立科学博物館のディスカバリートークを聞いてきた

いつ行っても「こんな展示があったのか」と驚かされる国立科学博物館。建物の高さがある分、美術館よりも広く、いろいろな見せる工夫がなされているので、いつまででも時間を費やすことができる。ディスカバリートー …

『コケの生物学』(研成社)は難しい! でも、苔をもっと知りたい人は必須

苔に接するようになって分かったのは、資料がとても入手しづらいこと。文学関連だと過去に研究している人がたくさんいるから学会も複数あったり冊子になっているものもたくさんある。苔はそもそも書籍自体がとても少 …