苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book SF

リチャード・カウパー『クローン』(サンリオSF文庫)

投稿日:


猿が共産主義的階級闘争を人間に挑んでいる2070年代。天才的記憶を持つ男女のクローンとして4人の少年が生まれたが、彼らのおそるべき力はフランス人なもんでいきなりエロに向けられたため、怒った女医が記憶を消すガスを噴射し、4人は記憶と能力を消失し、別々に暮らすことになった。そのうちの一人アルヴィンが哲学的な猿ノーバートと共に暮らすところから始まる。ロンドンへの旅の途中、暴徒の同士討ちに巻き込まれ、アルヴィンはずっと幻想だと思っていた天使のような美少女チェリルに出会い、やがて新たな自分に気づいていく。

帯の文章は「世界を変容させかねない潜在力をもつクローンに危機が!?痛烈をきわめる風刺的SF」。

本書では20世紀末から公に語らるようになったクローンの倫理的な問題にまでは踏み込んでいない。それどころか、特殊なガスで暴動を起こす人々を同士討ちさせて虐殺したりするように、人の生死は存外軽く扱われている。書かれた時代が1970年代だと、クローンや暴動における死の扱いが現代の目から見るとぞんざいに見えることが興味深い。この40年間で、世界の人々の倫理観は大きく変わったことを実感する。

一番おもしろいところは、猿が人間との階級闘争を展開していることだ。本書が書かれたのはアメリカ公民権運動の直後であり、黒人の地位向上の運動と重なるところもあるが、そのへんの感覚がフランスではどうだったのか。当時のフランスでは共産主義が積極的に受け入れられていたので、その両方の要素があるんだと思う。本書では「猿(チンパンジー)」を極端に忌み嫌う人もいれば、同じ「類人猿」として積極的に受け入れる者もおり、多かれ少なかれ黒人のメタファーとしては使われているように思う。

ストーリーとしては実は目新しいところはあまりない。SF的な裏付けもほとんどない。ひとりずつだとあまり能力を発揮できないクローンが4人合体すると服を脱がしたり核ミサイルを遠隔操作で爆発できるくらい無敵。でも、そこに至るまでの物語のバランスがよくて、飽きずに一気に読める。エロいところとか、過激なところを除けばジュブナイルSFとも言えそう。もっとも、過激なところを省いたらおもしろさは半減以下です。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book, SF
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

サーシャ・ソコロフ『馬鹿たちの学校』

ノーマークの作家だったが、あとがきによるとナボコフ先生激賞で「うちに来ないか」とお誘いを受けたほどであるらしい。読み始めてみると「」なしの語りが多く、誰だか分からない声が響いてきて不安になる一方、侠気 …

族長の秋

ガルシア=マルケス『族長の秋』第3章

第3章は意外と短かった。そして見どころ満載だぜ、主に血の海でな。 【楽天ブックスならいつでも送料無料】族長の秋 改訂新版 [ ガブリエル・ガルシア・マルケス ]価格:864円(税込、送料込) P.12 …

8月に読んだ本(読書メーターより)

2014年8月の読書メーター読んだ本の数:5冊読んだページ数:1872ページナイス数:64ナイス ルールを変える思考法 (角川EPUB選書)の感想ビジネス書を読まない人こそ読むべき、ってよく聞くけど、 …

no image

『プラトーノフ作品集』「粘土砂漠」

ソローキン『青い脂』読書会の日、ソローキンの読書会だというのにすっかりプラトーノフ『土台穴』にはまっていて、集団化のばかばかしい恐ろしさについて熱くなったりした。打ち上げに行く途中の古本屋で岩波文庫か …

no image

ガーディアンが選んだノンフィクション100選

Guardianの書籍紹介はNew York Timesと英語圏の書評サイト二大巨頭。そこでノンフィクションを100冊厳選しているので、邦訳の有無を調べてみました。 コメントの一部は後で。 【美術】 …