苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book 読書部

第47回読書部 フリオ・コルタサル『石蹴り遊び』

投稿日:


今回から課題図書候補を4冊ピックアップし、Twitterでの投票によってトップの本を課題図書にするという試み、最初は100票以上の投票をいただきました。ありがとうございます。しかし、終了前日まで1位と2位だったヴォネガット『猫のゆりかご』とヴァージニア・ウルフ『ダロウェイ夫人』が後半で勢いを落とし、変わって1位になったのはコルタサル『石蹴り遊び』。わずか数票の差で差しきり見事に課題図書を射止めました。

Twitter投票結果

おかしい、前に読んだ時はこんなにしんどい話ではなかったはず……と思って臨んだところ、参加者の多くも読みにくいという感想がありました。

・水声社からの出版なのでAmazonで入手できない(大きな書店が近くにある人はいいけれども、本自体を置いていない県もあるかもしれませんね……)
・読者を旅の道連れにし、読むことによって物語が完成する形式。つまりCLANNAD。


・読みにくさは番号指定があるからで、前から読むというリズムが大切だと分かった
・オリベイラが女性音楽家をほめちぎる話や、タリタを板で渡そうとするなど個別のエピソードはおもしろいけど、全体として生きてこない
・思弁的なイメージを積み重ねて象徴詩のように見せており、偶然に出会うイメージが美しい
・この本をつまらなく思う人はみんな「雌読者」
・書かれた60年代だからこそ共有できる固有名詞に註釈がないため、衒学的なだけに見える
・第1の読み方だと見えてこなかったモレリの大きさが第2の読み方で見えてくるので、2回読んだ方がいい

などなど。会の詳細はDainさん .aka スゴ本の人がしっかりまとめてくださっていますので、そちらもぜひご参考に。

また、本書が初コルタサルという方も複数いらっしゃって大変恐縮です。コルタサルはとても分かりやすい幻想文学というか、筒井康隆が好きそうという感じの初期の短編から読むことをおすすめします! 岩波文庫の3冊が入手しやすく、よい短編が入っていますので、まずはこちらから。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book, 読書部
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

夏休みは書籍の自炊に限る

夏休み、人は海に山に出かけていくことでしょう。しかし今年のわたしは夏休みに家から一歩も出ない覚悟で「自炊」を決行します。 「自炊」って前置きのいらない言葉だと思っていましたが、実はみんなもう使ってない …

no image

レイナルド・アレナスのインタビュー@現代詩手帖1986年3月号 その3

その2からの続きです。 パディーリャ事件の当日、アレナス他著述家たちはすべて発表を聞くように義務づけられていた。 従わねばならない規範があると言われました。つまり、完全に体制べったりの文化政策であって …

no image

2017年12月に読んだ本

12月はなんだかんだで忙しく、冊数は少なめ。でも、去年1年でみると目標の100冊にはマンガなどを含めてなんとか到達したのでよしとしたい。 でも、本を読んで何になるんだというのはふとした拍子に思う。数の …

ダイエット

7月に入って仕事の内容が変わり、あまり多忙自慢はしたくないのですが、実際に忙しくなりました。通勤コースも変わって、車内は本が読めないほどに混雑しています。そのため、この2週間ほどすっかり小説や苔から縁 …

no image

記憶の保存

酒に浸って毎日過ごしていると、必要なことも必要でないことも忘れてしまう。そんなわけで内部記憶装置はたいそう当てにならないので、たいていのことは外部記憶に頼ることになるのだが、それもたいていどこに保存し …