苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

Bryophytes

苔観察日記 奥多摩

投稿日:


中公新書から出ている秋山弘之さん『苔の話』によると、苔を見るには梅雨がいいと書かれている。確かに濡れた苔は葉を開いてきれいな緑色になる。ただ、国立科学博物館の樋口先生によると「苔は濡れている時と乾燥している時の両方を観察した方がいい」ので、雨の時期は苔の特徴が分かりにくいとのこと。つまり、濡れていても乾いていても苔はすばらしい。

梅雨の前にもう一度見ておきたいと思い、また奥多摩に行ってきた。今年は既に4回くらい来ているような気がする……。わたしは苔に限らず野生の植物を移動させることには賛成しないので、苔玉や苔テラリウムを自分でやることはしません。ただ、それらによって野山に行かなくても苔の美しさを啓発することになるので、他の方がやる分には特に意見はしません。なので、苔を愛でるためにはめんどくさいしお金もかかるけど、わざわざ野山に出かけるしかないのでした。

蘚類と苔類

蘚類と苔類

中央で光沢を放つ鋭い葉の苔が蘚類。こういうタイプはまったく調べる手がかりがなくて名前がわからない。中肋がないからツヤゴケの仲間かも。周囲の楕円形の葉はツキヌキゴケのミヤマホラゴケモドキと思われます。実際には指先に全体が乗るくらいの小さな苔だけど、この丸みが規則正しく並んでいるところが苔類の醍醐味です。

トサホラゴケモドキ?

トサホラゴケモドキ?

こちらはミヤマホラゴケモドキに似ているけど、葉先が1箇所ないし2箇所とがっているので別の種類。同じツキヌキゴケ科のトサホラゴケモドキと思われます。こちらも腹葉(地面側の小さい葉)や顕微鏡で細胞内の油体を調べてみないと正確な名前はわからない模様。このめんどくささが好きなのかも。

蒴は終わりの季節

蒴は終わりの季節

春ににょいにょいと蒴を伸ばした苔も一通り胞子を放出して、現在は成長の季節。小さい苔があちこちに見られ、蒴はなくなっているか、このように枯れた姿を残すばかり。次は9月くらいから蒴が見られるのではないかと期待しています。

コハネゴケ?

コハネゴケ?

つぶつぶとした細胞、ぎざぎざの葉先、たがいちがいにつく葉、すべてが美しいハネゴケ。ヤバネゴケなどもそうですが、葉先の切れ込みとか鋸歯、細胞の大きさが苔類はきれいだと思います。蘚類ほど進化していない原始的な美しさというか。

クジャクゴケ

クジャクゴケ

今回よく見かけたクジャクゴケ。ほかの場所でこれほど大量のクジャクゴケを見たことがなかったのでびっくり。まだ小さくて胞子体をつけるようなものよりも白さが目立つ。大きくなるにつれて色が変わるのは、実際の鳥みたいで、そんなところまで配慮して名前をつけていたらおもしろい。

種別を見分けるには5月から秋までは蒴がなくなっているので不向き。でも、胞子から発芽(?)した若い青々とした苔を見られるのはこの季節だけなので、時期によって苔のおもしろさは変わってくるものだと思った次第です。次は9月くらいに蒴が出ていてくれたらうれしいのだけど。

ad02

ad01




ad02

ad01




-Bryophytes
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

苔観察日記 朝夷名切通@鎌倉

金沢八景駅近くのでかい猫 苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回は神奈川県。京急に乗って海沿いを南下し、金沢八景駅で下車。窓から海や入道雲が見えたり、 …

苔観察には3段階ある。肉眼、ルーペ、そして……とうとう第3ステージに進んでしまう

苔観察には3つの段階がある 上野にある国立科学博物館では、毎週末「研究者によるディスカバリートーク」という講義が行われています。こちらで2ヶ月に1回の割合で苔界の第一人者樋口先生が「コケの生き方を考え …

苔観察:真夏の高尾山は案外空いている?

夏の高尾山はビアガーデンが大混雑という話を聞いていたので、午前中に6号路を登り、山頂では敢えて吞まずにビアガーデンに並んで喉の渇きにじっと耐える。いよいよ開店となって飲み干す一杯のおいしさときたら…… …

苔観察日記 黒山三滝ふたたび 

苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回も埼玉県越生町にある黒山三滝。 池袋から急行に乗り、坂戸駅で乗り換えて終点越生駅で下りるのは7月といっしょ。「お …

苔観察日記 奥多摩某所

今年2回目の奥多摩。前はまだ寒い時期で、タマゴケを確認しただけで終わったところなので、今回はしっかり見ていきたい。ここは苔の観察を意識してから初めて訪れたので、ちょっと特別な場所という思いもある。 謎 …