苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book SF

ジーン・ウルフ『ナイト(1)(2)』の謎を羅列する

投稿日:



※ネタバレを含みますのでご注意ください。

ナイト(1)

P.9 人物図はずっと使うからコピーしておいた方が良さそう。
P.16 苔の女王はディシーリ。誰かのおかみさんはディシーラ。関連性が?
P.51 「収穫月そっくりな大きな目の輝く美しい尖った顔」(緑色)は誰? 緑色だから苔のエルフ?
P.93 「にいさんにはそれを忘れないでいてほしい」そんなに大事なこと? というか、物語の結末では現代の地球に戻れないことを暗示しているのだろうか。
P.116 ここのやりとりはかなり正しいことを言っていそうだが、現時点では何を意味しているのかわからない。
P.120 棘オレンジの種については、これ以降『ナイト』では言及されない。
P.124 ボールド・バーソルドのボールドは「大胆」だろう。ここで「大胆」と「可能性(エイブル)」が兄弟になる。
P.137 ギュルフ(犬)とオッサール(ディシーラの息子)の交換。預かったのはボダハン(P.147)
P.147 普段いるのがミスガルスルだっけ? エルフリースはミスガルスルより20年くらい時間の流れが遅い。
P.173 ラーヴドの死を暗示。
P.214 血が属性を決めるルール?
P.219 突然の現代パート。ハイジャッカー?
P.243 エイブルは海属性?
P.260 ガルセックの目のちがいから、種族は人間の形をしていても目で判別できる?

ナイト(2)

P.15 (1)P.173参照
P.54 エイブルが言いかけてやめた「秘密」とは何か?
P.67 エルフの皮とわかったのはなぜ? なぜエルフの皮を使うのか。
P.82 「僕」ではなく「下部」。原文ではunderが付く?
P.93 時々エイブルは女性になる夢を見る
P.126 「しばらくのあいだすべてを忘れることになる」のはなぜ?
P.131 プークもいにしえの神?
P.162 「呪法」と「流浪」が韻を踏んでいる
P.215 崖を崩す弓矢の術ってあり?
P.242 「記憶を掘り返して、じっくりふりかえるのだ。」読者に対する言葉に見える。
P.272 このあたりのエイブルの押しの強さがすらすら通るところが今ひとつ理解できない。
P.308 「前に女房だったあの目明きの女」誰!?
P.326 ギュルフを洞窟でひどい目にあわせたのはいつ?
P.344 ボールド・バーソルドが年をくって再登場。
P.395 <冬と古き夜>って何? 巨人はアンガーボルンのことだろうけど。

『ウィザード』を読むのは2月になりそうなので、とりあえず備忘録として。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book, SF
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

族長の秋

ガルシア=マルケス『族長の秋』構成 第1章

ガルシア=マルケスは元々そうだが、『族長の秋』は特にエピソードが豊富すぎて物語がどうつながっているのかわからなくなるので、各ページに何が書かれているかざっと書き出してみる。読書会までに全て終わるかどう …

2016年5月に読んだ本は相変わらず海外文学が少ない

自分が読む本のカテゴリが「海外文学」「苔・菌類などの生物学」「料理」「仕事関連」に狭まってきた。ここに「詩」とか「古典」も加えていきたい。でも、読める量には限りがあるから、なかなか難しい……。 あと、 …

ミハル・アイヴァス『黄金時代』

第40回読書部活動 ミハル・アイヴァス『黄金時代』

ピンチョン『重力の虹』読書会からわずか1カ月後、たしかに一人では読むのが大変な海外文学を課題図書にはしているが、軽い気持ちで選んだミハル・アイヴァス『黄金時代』に意外な苦戦を強いられていた。前作『もう …

読書会の理由

この前「読書会を15年続けている」って書いた。 気づいたら読書会って15年以上やってるんだけど、なんで続いたかといったら、参加してくれた人の熱意があったからよね。わたし一人ではとても15年も続かなかっ …

ハンナ・アレント『責任と判断』その1

演劇部だったときに顧問から「この芝居で取り上げられている殺人者というのはフィクションではない。自分の状況によって人は考えてもみなかったような人間になってしまう」と指摘されたことがありました。当時、ラブ …