苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book 読書部

第38回読書部活動 ブルガーコフ『巨匠とマルガリータ』

投稿日:


1月17日に都内某所で開催された第38回読書部活動は課題図書がブルガーコフ『巨匠とマルガリータ』。郁朋社版や群像社版もありますが、今回は一番最近出版された河出書房新社の世界文学全集シリーズとしました。出版社が異なるとノンブルが違ってしまい、該当箇所を探すのが難しくなってしまうのです。とはいえ、群像社版もお持ちいただけたのでざっとめくってみると、訳が鋭いというか言葉の使い方がかなりちがうと感じました。読み比べてみるのも時間があればおもしろそう。

参加者から出た意見は以下の通り。

  • 巨匠の作品のラストと、実際の物語のラストが合致している
  • 最強の猫萌え小説
  • 巨匠はなんで巨匠なの?
  • 実はマルガリータだけが巨匠と呼んでいる
  • 神がいるところに悪魔も現れる
  • 指輪物語的ラスト
  • ヴォランドがマルガリータを試すシーンについて、地上にいられないことが悪魔の正しい契約。ファウストぽい
  • ヨシュアとピラトゥスの実際の対話は聖書にはない
  • ブルガーコフはレイナルド・アレナスと不遇さとテンションの高さが近いかも
  • ヨシュアの理想と共産党の理想が同じ。立場が変わると理想が弾圧につながる
  • ロシア・ソ連で不遇だったブルガーコフの恨み節がないとはいえない
  • スターリン統治下での宗教弾圧について

事前に想定した以上に、ヨシュアとピラトゥスの関係について語られる時間が長かったです。モスクワでの悪魔たちによる大騒ぎはあまり掘り下げられなかったように思います。あの2人がBLだというのが一番盛り上がったかも。

次は3/22(日)、課題図書はミハル・アイヴァス『黄金時代』です。まだ参加枠はあいていますので、興味のある方はよろしくお願いします。

ad02

ad01




ad02

ad01




-book, 読書部
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ジョージ・ソウンダース『パストラリア』(角川書店)

角川書店の単行本は背にごろりと腹を出した猫がマークになっていることに気づいた。まだ続いてるんすかね? 収録作は、 パストラリア ウインキー シーオーク ファーボの最期 床屋の不幸 滝 前に『変愛小説集 …

no image

文学を読む本

学校できちんと学んでいないせいで、自分の読書経験には偏りがある。日本も西洋も文学の古典といわれるところをほとんど読んでいない。岩波文庫の赤い背とか、英国女流文学とか。そもそもシェイクスピアなんて触った …

花見2013のおしらせ

今年も花見。 例年、mixiで告知してきたイベントですが、利用者も少なくなっているような気がするので、自サイトでも告知することにしました。 いろんなものを持ち寄って楽しく呑み、本の話をしましょう。 S …

no image

レイナルド・アレナスのインタビュー@現代詩手帖1986年3月号 その3

その2からの続きです。 パディーリャ事件の当日、アレナス他著述家たちはすべて発表を聞くように義務づけられていた。 従わねばならない規範があると言われました。つまり、完全に体制べったりの文化政策であって …

no image

ナボコフ先生の視点をインストール

セサル・アイラ『わたしの物語』では正体不明の人物の語りを楽しみ、『2666』ではいつ終わるともしれないページ数と細く辿れる人物の関連に眼を細めたりした。しかし、どうも自分が欲している物語の形とは異なる …