ガルシア=マルケス『族長の秋』第4章

族長の秋 book
族長の秋

第4章から大統領の弱さが前面に出てきますね。

P.174
レティシア・ナサレノの非業の死を追想する
P.175
大統領が亡くなったことを知った者が、誰がそれを大統領に告げにいくか、というジョーク
P.176
大統領、聴覚を失う
P.177
独裁者の耳が聞こえなくなる→記憶していることを手当たり次第に紙に書く
名前は「サカリアス」
P.180
母親がまだ生きていて、腐りかけている
P.183
独裁者の母親への介護が続く。他者の意見には耳を傾けない。※ついさっきまで何も聞こえなかったのに!
ヒツジの血に母親を浸したりする。
P.184
2/23 母のベンディシオン・アルバラド死去。そして逆巡礼ツアーとして、母親の遺体が氷漬けにされて全国を周遊する。祈れない者がいないようにという配慮
P.189
長年続いた逆巡礼の間に、母親が息を吹き返したと話題になる。そして列聖へ。
P.194
しかし、大使が母親の奇蹟はペンキだったのじゃー、とばらす。民衆にぼこぼこにされいかだでローマに帰らされてしまい、大統領の権力を見せつけられたローマ法王は、母親を列聖へ推挙するのだった。
P.198
調査に来た神父は、奇蹟の影響をいちいち書き留めたり、酔っ払って喧嘩をしたり、大統領の家の中に入り込んで女中に母親の生前を聞いたりする。
P.204
大統領は母親の過去を知るために神父に敢えて手出しをしないが、命に背いて神父を暗殺しようとする輩が現れる。大統領はなんとしても連れて帰れと命じ、撃たれたものの元気な神父と再会
P.208
奇蹟のネタバレ
P.210
一人称になり、ネタバレされた大統領が剥製となって軽くなった母親を抱き上げる。
P.214
真実を言い渡したローマ側と全面戦争を宣言する大統領。アホだが傀儡ではない、自らの責任を見せるところがかっこいい。
そして、僧職関連者を追放。その際に金銭を持ち出さないように全員裸にして乗船させる。そこで唯一の正妻レティシア・ナサレノに出会う
P.218
手違いで帰国してしまったレティシア・ナサレノをジャマイカまで追いかけて誘拐
それから数年、添い寝するものの、ことを遂げるに至らない様子
P.220
レティシア・ナサレノに水中でまさぐられるが、見つからないために突き飛ばされる「おっ母さんのところに戻って、産み直してもらいなさいよ」
P.222
1年以上かけて、レティシア・ナサレノは大統領が添い寝することに慣れていった
P.223
2人はとうとう裸になるが……

コメント