苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book SF

ジーン・ウルフ『ピース』タイムラインその1

投稿日:


Sirius Fictionを訳してみる。でもまだ半分。昼メシ食って寝なかったら続き書く。

(1891 アンブローズ・ビアスが短篇「男と蛇」の中でモリスター「科学の脅威」に言及する)

1895 オールデンの母誕生(これは「母は二十五歳だったはずだ。ぼくは六つ。ボビー・ブラックが大怪我をしたつぎの年だ。」にもとづいている)。

1914 オールデン誕生。第一次世界大戦開戦。

1918 第一次世界大戦終戦。

1919 オールデンが5歳の時の5月、ボビー・ブラックを階段から突き落としてしまう。鹿革で作った偽物のインディアンの絵をオリヴィアの集まりで描く。

1920 禁酒法施行。12月にオールデンは母方の祖父からスカウトナイフをもらう。当時18歳で死んだという記述から、冷凍倉庫の悪ふざけで犠牲になった青年が生まれたと推測できる。

(1922 ラブクラフトが短篇「魔犬」でネクロノミコンに初めて言及する)

1923 (エリナー・ボールド・ポーターの甥)ボビー・ブラック死去
・オールデンの両親はヨーロッパに渡り、オールデンはオリヴィア叔母と住むことになる。
・6月に卵の磁器(象牙)の件。オリヴィアは26歳と主張しているが(P.138)、ごまかしている。彼女は30歳に近くなっていた。
・8/3 マカフィー41歳の誕生日パーティーでオリヴィアはジュリアス・スマートと出会う。オールデンはスマートは当時「少なくとも叔母より五歳は年下だった。(P.209)」スマートのティリー氏との体験は大学を卒業した年の夏に起こったことで、当時スマートは24歳くらい。チャーリー・ターナー(犬少年)の母ジャネット(in one of the few references to larger world events in the text) は、「腕がないのに慣れてしまうと二十歳をそう越えてはいないだろう」(P.193)兄弟の1人がフランスで殺されたと言っている(P.200)が、明らかにこれは第一次世界大戦である。オールデンはこのパーティーの時に9歳。オールデンはスマートの話をビル・バトンにしようとした(P.189)。オールデンが49歳で会社の社長になるのは40年後で、およそ1963年のことである。

(1924 「リバティー」というタイトルの雑誌が発行された(1924-1950)。ブラック医師の待合室でオールデンの母が読んでいる雑誌のタイトルと合致するようにみえる(P.214)が、他のタイムラインと合わない(母が雑誌を読んでいるのを見たオールデンは4歳だ)ので、おそらく別の「リバティー」誌だったと思われる。)

ad02

ad01




ad02

ad01




-book, SF
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

2014年ノーベル文学賞のパトリック・モディアーノのAmazon古書価

タイトル通り、受賞後1時間の古書価経過を追ってみました。観測漏れもありますが、気になさらず。 10/9 20:10 10/9 20:20 10/9 20:30 10/9 20:40 10/9 20:5 …

ジーン・ウルフ「新しい太陽の書」読書日記その1『拷問者の影』1

今年はジーン・ウルフの本がたくさん出版されると風の噂で聞いた。そういえば表紙が変わった「新しい太陽の書」、前に読んだのはもう5年以上前のはずなので、そろそろ再読の時期かと思い、だらだらと読書日記をつけ …

no image

年末古本日記

佐野眞一『大往生の島』(文春文庫) バーネット『プラトン哲学』(岩波文庫) アマルティア・セン『自由と経済開発』(日本経済新聞社) 群像2010年7月号(講談社) すばる2011年10月号(集英社) …

2014年12月の読書

12月なので冬の本が多いし、ロシア方面に偏りはじめた。 ※画像と本文は関係ありません 2014年12月の読書メーター読んだ本の数:7冊読んだページ数:1940ページナイス数:119ナイス 巨匠とマルガ …

フアン・カルロス・オネッティ『屍集めのフンタ』(現代企画室)

屍集めのフンタ posted with amazlet at 11.05.15 フアン・カルロス オネッティ 現代企画室 売り上げランキング: 413438 Amazon.co.jp で詳細を見る 現 …