苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

book SF

ジーン・ウルフ『ピース』人物相関図その3

投稿日:


3章 錬金術士(PDF)

休み中になんとか再読を完了した。
結果として、初読時よりもずっと謎が増えた。
3章の謎として、読書会で話そうと思っていること。
※別に謎が解けているわけではなくて、むしろみんなに聞きたいこと。

  • P.159 オリヴィアが兄ジョン(オールデンの父)について言及する時に「狩り」は嫌いだと言うこと
  • P.164 ここでもオレンジとレモン
  • P.190 他でも出てくる「見えない釘」
  • P.210 本当に5日目?(「アメリカの七夜」という前科があるからね)

ad02

ad01




ad02

ad01




-book, SF
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

フリオ・コルタサル『海に投げこまれた瓶』(白水社)

海に投げこまれた瓶 posted with amazlet at 12.05.06 フリオ コルタサル フリオ・コルタサル 白水社 売り上げランキング: 850272 Amazon.co.jp で詳細 …

『シモーヌ・ヴェイユ アンソロジー』はヴェイユ入門に最適

哲学について全くの門外漢だったわたしですが、数年前にぼろぼろの古本で出会った『重力と恩寵』(ちくま学芸文庫)には衝撃を受けました。 重力と恩寵―シモーヌ・ヴェイユ『カイエ』抄 (ちくま学芸文庫) 冒頭 …

no image

7/13〜14

7/13 某内職。相手が楽しそうで何より。 次回課題図書『ブリキの太鼓』読了。最後の最後は図書館で借りてきた新訳で読み、素直に読みやすいと思う。しかしこれは再読しないと何がなんだかわからんぞなもし。 …

no image

文学を読む本

学校できちんと学んでいないせいで、自分の読書経験には偏りがある。日本も西洋も文学の古典といわれるところをほとんど読んでいない。岩波文庫の赤い背とか、英国女流文学とか。そもそもシェイクスピアなんて触った …

8月に読んだ本(読書メーターより)

2014年8月の読書メーター読んだ本の数:5冊読んだページ数:1872ページナイス数:64ナイス ルールを変える思考法 (角川EPUB選書)の感想ビジネス書を読まない人こそ読むべき、ってよく聞くけど、 …