苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

「 月別アーカイブ:2018年05月 」 一覧

若い人と年輩の人が出会って生まれる火花:『女子学生、渡辺京二に会いに行く』

2018/05/25   -book

女子学生、渡辺京二に会いに行く (文春文庫) 言われてみれば石牟礼道子に関係して名前を見たことがあったかな、くらいの認識だった著者。手に取ったのは荻原魚雷『書生の処世』(本のチョイスがわたしの見落とし …

岡モス観察会

岡山コケの会観察会@鎌倉に参加しました

2018/05/15   -Bryophytes
 

廣榮堂 元祖きびだんご 日本の首都は東京ですが、コケの世界における日本の首都は岡山かもしれません。歴史的にはいろいろな大学でコケの研究が行われてきましたが、岡山で一般の人がコケについて学ぼうとしたこと …

不思議の国のアリス

名作なのに挫折している文学

2018/05/10   -book

エリオット『荒地』の日本語解説があった。これがあればわたしにも読める、読めるぞー! T・S・エリオットに限らず挫折している本、または読んでいないけれども読む前から挫折している本というものが家にある。挫 …

断捨離、自炊、本との別離

2018/05/08   -book

本が好きという人もいろいろだ。わたしの周囲には数千冊から数万冊所持している人が複数いるので勘違いしてしまい、本を読むためにはまず本を所有しなければならない、それも余るくらいに、という信念が若い頃にはあ …

ジェームズ・W・ヤング『アイデアのつくり方』は50年たっても色あせない名著

2018/05/07   -book

Webサイトを更新しようと思っても、ついつい後回しになってしまう。仕事や毎日の家事を優先してやってしまうと、記事を書く余力が残っていないのだ。だとしたら、先に記事を書いて後で仕事をすればいい。何年もサ …