2017-05

Bryophytes

バケツ一杯の虫除け

そんなにいらない。 苔観察も暖かくなってだいぶ楽になってきました。寒い時期は霜が下りたり雪が積もった中を歩いたこともあります。何よりありがたいのが写真を撮るときに手袋がなくて済むこと。すべって手ぶれを起こしたりシャッターのタイ...
Bryophytes

ニスビキカヤゴケ(Porella vernicosa)に出会えた喜び

ニスを引いたようにつやつやしているのでニスビキカヤゴケ。カヤは何の意味だろう……? 先日出たばかりの『知りたい 会いたい 特徴がよくわかる コケ図鑑』でも「初心者にもわかりやすいコケ」として紹介されているように、一目見ただけで...
Bryophytes

ツボミゴケ(Jungermannia)、かな……?

日本で一番有名な苔はスギゴケでもジャゴケでもなく、実はチャツボミゴケかもしれない。少なくとも地名になっているのはここだけのはず。苔が好きと公言しておきながら、ずっとチャツボミゴケのことを「チャツボ」「ミゴケ」だと思っていました。茶壺の形をし...
book

2017年4月は騎士団長を殺す作業に振り回された

Haruki Murakamiを読むのは『海辺のカフカ』が出たときに読書会をして以来、通算4冊目くらい。鼻につく感じがどうしてもなじめなくて、人に話を聞いたり解説本を読んだりしたけど、やっぱりどうしてこれだけ評価されているのか分からない。 ...
Bryophytes

クラマゴケモドキだと思ったらツジベゴヘイゴケ(Tuzibeanthus chinensis)

地衣類や藻類は緑色でも苔ではない、というように苔の本の冒頭には苔の特徴と似ている植物がよく取り上げられる。苔について知るにはどうしても苔(蘚苔類)でないものを排除するのが先決です。そんな中で苔ではないの筆頭にあげられるのがシダ科のクラマゴケ...