book

book

2017年の読書部活動報告

Twitterを主戦場にしていると、ついつい140文字以内に入るような文章ばかりを考えてしまって、長い文を書くことが億劫になって更新が滞ってしまいます。本当なら読書会の記録や苔観察の記録をつけて、数少ないであろう同好の士に役立ててもらえるよ...
book

読書は流れていく

引っ越してから電車に乗る時間が長くなり、比例して読書の時間も長くなりました。乗っている時間は長くても乗り換えの回数が減ったので、読書に集中できるようになり、引越当初のもくろみが当たったと喜んでいます。引っ越し先は物を減らしたうえにし...
book

Kindle Unlimitedやめました

一言で言うと読みたい本の相性が合わなかった。 Kindle Unlimitedが始まって少ししてから加入しました。理由は、書籍に関する仕事をしているのでKindle Unlimitedの動向を知っておかねば、という半ば義務感。...
book

2017年9月24日海外短編読書会のお知らせ

隔月で長編の読書会を開催しています(次回は9月9日に『キャッチ-22』)。15人以上入れる会議室を準備していますが、参加できない人の声を聞くことが増えてきました。また、Twitterでも投票数を見ると100を越えてくるた...
book

夏休みは書籍の自炊に限る

夏休み、人は海に山に出かけていくことでしょう。しかし今年のわたしは夏休みに家から一歩も出ない覚悟で「自炊」を決行します。 「自炊」って前置きのいらない言葉だと思っていましたが、実はみんなもう使ってないのね。ここでいう「自炊」は書籍を裁...
book

5月に読んだ本はなんといっても『オルフェウスの窓』!

ユリウス……。一途すぎるところがちょっと浪花節だけどそこもまたいい。 5月の読書メーター読んだ本の数:12読んだページ数:3862ナイス数:66ダロウェイ夫人 (光文社古典新訳文庫)の感想人の意識が輪舞のように1日という舞台の上でくる...
book

2017年4月は騎士団長を殺す作業に振り回された

Haruki Murakamiを読むのは『海辺のカフカ』が出たときに読書会をして以来、通算4冊目くらい。鼻につく感じがどうしてもなじめなくて、人に話を聞いたり解説本を読んだりしたけど、やっぱりどうしてこれだけ評価されているのか分からない。 ...
book

2017年3月に読んだ本はアンソニー・ドーアをはじめ良書揃い(某上下巻を除く)

3月の読書メーター読んだ本の数:11読んだページ数:3875ナイス数:223すべての見えない光 (新潮クレスト・ブックス)の感想天才理系少年と盲目の少女がラジオの音で結ばれる。ありきたりだと笑わば笑え。読了後はあまりにショックで午前中の...
book

第49回読書会 閻連科『炸裂志』

中国人作家を取り上げるのは初めての試み。当日までに課題図書と話題になった『愉楽』を読んでおけばいいかなとのんびりしていたら、訳者の泉様から連絡がありご参加いただけることになりびっくり。とても気さくな方で、後書きだけでは知ることのでき...
book

『コケの生物学』(研成社)は難しい! でも、苔をもっと知りたい人は必須

苔に接するようになって分かったのは、資料がとても入手しづらいこと。文学関連だと過去に研究している人がたくさんいるから学会も複数あったり冊子になっているものもたくさんある。苔はそもそも書籍自体がとても少ないし、苔玉を初めとする園芸の人と、苔観...