読書部

ラテンアメリカ文学

ガルシア=マルケス『族長の秋』第5章

読書会当日朝にこんなもの書き出して誰の得にもならんな。それでもおれは書く。 【楽天ブックスならいつでも送料無料】族長の秋 改訂新版 価格:864円(税込、送料込) P.225 大統領の死骸に威厳を与えようとしている ...
book

ガルシア=マルケス『族長の秋』第4章

第4章から大統領の弱さが前面に出てきますね。 【楽天ブックスならいつでも送料無料】族長の秋 改訂新版 価格:864円(税込、送料込) P.174 レティシア・ナサレノの非業の死を追想する P.175 大統領が亡...
book

ガルシア=マルケス『族長の秋』第3章

第3章は意外と短かった。そして見どころ満載だぜ、主に血の海でな。 【楽天ブックスならいつでも送料無料】族長の秋 改訂新版 価格:864円(税込、送料込) P.121 実際の死体はパトリシオ・アラゴネスだった P....
ラテンアメリカ文学

ガルシア=マルケス『族長の秋』第2章の内容

読書会は明日だというのに、まだ第2章! 終わらん! 【楽天ブックスならいつでも送料無料】族長の秋 改訂新版 価格:864円(税込、送料込) P.65 大統領2度めの死 P.67 レティシア・ナサレノ(正妻)の持ち物...
読書部

読書部活動第35回キジ・ジョンスン『霧に橋を架ける』

キジ・ジョンスンについては詳しいことは知らないが、前評判が良いことからあまり邦訳のない作家をとりあげるのも、偏見なく意見が出ていいかも、というのが選書理由であります。 参加者は12名。参加者が多いこともさることながら、短篇集は...
book

読書部活動第34回ジーン・ウルフ『ピース』

※以下の記事はまとまっていないものの、ジーン・ウルフ『ピース』のネタバレを存分に含みます。未読の方はご注意ください。 今回の参加者は久しぶりに2桁の13人。あまり数が多いと各地で話が進んで全体に共有されない可能性があるので、こ...
ミステリ

第34回読書会はピーター・ディキンスン『生ける屍』です

日付:2014年5月18日(日) 場所:東京都内某所 時間:13時〜17時 底本はちくま文庫版とします。サンリオSF版でも結構ですが、ノンブルの場所などで話をする際に齟齬が生じる場合があります。 参加ご希望の方はコメ...
book

第33回読書部活動フラン・オブライエン『第三の警官』

実は、読書会の一応のコンセプトとして、以下の基準により参加者またはわたしが選書しています。 別に海外文学に限ったわけではないが、他で読書会が催されている本についてはなるべく取り上げない 売れている本は別にわざわざ取り上げ...
book

ナボコフ『絶望』読書会

去る11月16日、都内某所にてナボコフ『絶望』(光文社新訳文庫)の読書会が開催された。人数は9人。ナボコフというとどうしても敷居が高い。海外文学の金字塔と言っても過言ではない。そんな本をこういう機会だから読もうと集まってくださった方...
book

次回読書会は11/16(土)、課題図書はナボコフ『絶望』です!

次回読書会は11/16(土)、課題図書はナボコフ『絶望』です! 「10月出版」としかないので日程的にやや不安が残りますが、ナボコフで読書会をする機会はなかなかないと思います。ナボコフ初読の方もぜひ。 日時:11/16(土) ...