苔をたずねて三千里

苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。

初めて出会うチヂミカヤゴケ(Macvicaria ulophylla)?

顕微鏡を買ったのにあまり更新していない。苔はちょくちょく見に行っているのだけど、サンプルを調べる気持ちに一つハードルがある。最近分かってきたのは、顕微鏡があればすぐに形が分かるわけではないことで、まず …

全長14kmのタマゴケロードでApple Mossを堪能

2017/04/17   -Bryophytes
 

春はタマゴケ。ようよう赤くなりゆく蒴すこしあかりて、ということで、赤くなったタマゴケを見たい! と、個人的に命名したタマゴケロードに向かいました。総距離は14km……、朝からしゃきしゃき歩けば3時間程 …

苔に飽き足らず地衣類か。地衣類の観察会に参加しました

2017/04/10   -Lichen

国立科学博物館が主催する地衣類の観察会に参加してきました。 地衣類は藻類と菌類の共生体、つまりハイブリッドで、木の幹やコンクリートなどによく着いています。つくば駅まで出向いて大雨の中、郊外の街で見られ …

2017年3月に読んだ本はアンソニー・ドーアをはじめ良書揃い(某上下巻を除く)

2017/04/06   -book
 

3月の読書メーター読んだ本の数:11読んだページ数:3875ナイス数:223 すべての見えない光 (新潮クレスト・ブックス)の感想天才理系少年と盲目の少女がラジオの音で結ばれる。ありきたりだと笑わば笑 …

ハネゴケの謎に挑む(1)チチブハネゴケ(Plagiochila flexuosa)?

羽のように見えるからハネゴケ。苔なんてみんな左右に葉が出て羽のように見えるように思えますが、羽のようと形容できる種は案外少ない。それでもクジャクゴケやホウオウゴケ(こちらは空想上の鳥ですが)のように鳥 …

風にそよぐキヨスミイトゴケ(Barbella flagellifera)

木の枝などにぶらさがり、風にそよぐキヨスミイトゴケ。見慣れなければ葉の一部として見過ごしてしまいそうだけど、一度気づくと嬉しくなりそれからはずっと探してしまう。名前の通り細く糸のように絡まり、樹木だけ …

第49回読書会 閻連科『炸裂志』

炸裂志 中国人作家を取り上げるのは初めての試み。当日までに課題図書と話題になった『愉楽』を読んでおけばいいかなとのんびりしていたら、訳者の泉様から連絡がありご参加いただけることになりびっくり。とても気 …

植物なのに動物ぽいイタチゴケ(Leucodon sapporensis)

蘚類と苔類では圧倒的に苔類が好きなのは、苔類は見分けがつきやすいから。蘚類はきれいなんだけど、とにかく見分けがつかない。茎がしっかりしていてとがった葉のタイプばかりで、微妙な葉の大きさや細胞の形の違い …

幻の苔を探して:キノボリオウゴンゴケ

※イメージ画像はおそらくハマキゴケ。センボンゴケ属でもキノボリオウゴンゴケではありません。 東京で一番苔の見られる場所、高尾山に行くことになりました。苔を見るようになってからは5回目くらいでしょうか。 …

『コケの生物学』(研成社)は難しい! でも、苔をもっと知りたい人は必須

2017/02/03   -book, Bryophytes
 

苔に接するようになって分かったのは、資料がとても入手しづらいこと。文学関連だと過去に研究している人がたくさんいるから学会も複数あったり冊子になっているものもたくさんある。苔はそもそも書籍自体がとても少 …