book

ハンナ・アーレント『人間の条件』をゆっくり読む(5)

p.25からは「活動的生活」について詳述されます。労働<仕事<活動の順番付けがあり、人間の行動として最もアーレントが評価する基準です。 活動的生活というのはアリストテレスから始まっていて、「公的=政治的問題に捧げら...
book

ハンナ・アーレント『人間の条件』をゆっくり読む(4)

「いいや、あたしゃ神様だよ」と言う人なら人間の本性についても言い表してくれるだろうか? 童心をなくしてしまった今のわたしには、ドリフあんまり笑えませんでした。一つ大切なものをなくしたような気がします。 「人間の本性...
Bryophytes

コケカツ! 奥多摩

きちんとした調査はないようですが、苔には春に蒴を出す種類と、秋に出す種類があるようです。同じ種でも気温や湿度などによって変わるのかもしれません。ほとんどの種類は春に出しますが、スギゴケの仲間には秋に出すものもあります。今...
book

ハンナ・アーレント『人間の条件』をゆっくり読む(3)

こんな便利な本を見つけてしまった。まず安い! そのうえ、丁寧にテキストを読み込んでいるので、わたしが考えるようなことは全部書いてある。……「顕微鏡であらゆる苔類を見て撮る」にトライしようと思ったら、すでにわたしより撮影も...
book

ハンナ・アーレント『人間の条件』をゆっくり読む(2)

ハンナ・アーレントをよくアンナ・ハーレントとまちがいます。アンナの方がよくある名前だからでしょうか。 第一章 人間の条件では、よく用いられる3つの基本的な活動力が語られます。「労働(labor)」「仕事(work)...
book

ハンナ・アーレント『人間の条件』をゆっくり読む(1)

哲学も政治もまったく疎いのですが、さすがに人生も半ばを越えると少しは考えることもあります。その際に自分の経験だけで考え「判断」してしまうのは、偏見なのではないかと思うことが多くなりました。多くの人たちが考えしたためてきた...
book

ヘーゲル『歴史哲学講義(上)』挫折の記録

心身共に疲労していて最近はじんましんも出てきてしまったので、しばらく読書会はお休みしています。代わりといってはなんですが、読んだ本についてつらつら書いていこうと思いました。 わたしは本を読むとき、難しいことやおもしろいことが書いてあったら...
Camera

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROを買いました

5年前にコケを見るようになってからカメラに興味を持ち、ここ3年くらいはオリンパスのSTYLUS TG-4(接写用)と、E-M5Mark2に広角レンズ7-14mm(スナップ・風景用)の2台体制でした。もう1本、最初に買ったマクロレンズ...
Bryophytes

コケカツ! AKM48

コケがすてきな場所に赴いてコケを愛でる活動、コケカツ。今回は三重県にある赤目四十八滝、コケ観察家の中では通称AKM48と呼ばれるスポットに行ってきました。東京から名古屋まで新幹線、そこから近鉄に乗り換えて3時間以上かかる難儀な場所です。しか...
book

第64回読書会 ナボコフ『淡い焔』

前回の『JR』読書会から少し時間が空きましたが、課題図書はまたも気軽に読めないナボコフの『淡い焔』。元々そうですが、「1人で読むには気が重い本をみんなで読むための読書会」の本領を発揮したような選書です。この調子でいつか『アーダ』も…...